新しいオフショア開発のかたちを提供!エボラブルアジア 大山社長が戦略を語る
ラボ型開発でリスクを回避!エボラブルアジア、オフショア開発セミナー&説明会レポ』で紹介したように、エボラブルアジアは企業及びプレス関係者向けに「オフショア開発セミナー&事業説明会」を開催した。

従来のオフショア開発は、エンジニアが自宅で作業を行う受託型開発だったため、クライアントの希望が十分に反映されず、苦労することが多かった。

それに対して、エボラブルアジアのラボ型開発では、エンジニアに同社のオフィスへ来てもらい、クライアントのエンジニアが常駐で開発を指示する。これにより開発コストも安く、思い通りに開発ができるというものだ。

そんな同社の事業展開について、エボラブルアジア 代表取締役 大山 智弘 氏に直接、コメントを頂戴することができたので紹介しよう。

■2年目で300名の規模を目指す - エボラブルジャパン 大山社長
エボラブルアジア 代表取締役 大山 智弘 氏は、
「ベトナムのホウチミンでオフショア開発、それからオフショアBPOの事業を行っております。...」と、自社のオフショア開発やBPO事業について語っていただいた。

続きは、動画を参照のこと。

※ニコニコ動画はこちら
※Youtube動画はこちら

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

エボラブルアジア

■ITビジネスに関連した記事を読む
天才中高生たちが教育とテクノロジーを語る!「Edu×Tech Fes! 2013 U-18」開催へ
アップルのiPhone急成長の影でMacは これからも成長を続けることはできるのか【デジ通】
アップル決算から見えてきたこと PCハードウェア中心からiOS製品をメインへ【デジ通】
IT業界の2013年動向を見る 2013年International CES関連記事まとめ
国会図書館が貴重な音源を公開! 歴史的音源約1万3千点のデジタル化が完了

Microsoft Visual C++ 6.0 Professional Edition
Microsoft Visual C++ 6.0 Professional Edition