iPod touchはiPhoneから携帯電話機能を省いただけ? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ

写真拡大

説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。

しかし、知っているつもりが正しく理解していないこともあるはず。

このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。

今回は、「iPod touchはiPhoneから携帯電話機能を省いただけ?」という質問に答えます。

***iPod touchとiPhoneは、ハードウェアとして多くの点が共通していますが、異なる点がいくつもあります。

その決定的な違いは「iPhoneにある電話機能がiPod touchにはない」ことですが、全体的にiPhoneのほうが装備は充実しており、性能は上です。

iPhone 5とiPod touch(第5世代)を例に説明してみましょう。

まず、全体の処理能力を左右するCPUは、iPhone 5は「A6」ですが、iPod touchは「A5」です。

Appleの言を借りれば、A5と比較したA6の性能は処理速度が2倍、グラフィック能力が2倍に強化されています。

アプリの動作速度やサクサクとした反応は、A6を搭載したiPhone 5のほうが優れています。

カメラの解像度も、iPhone 5のほうが上です。

通信機能は大きく異なります。

iPod touchには3G/LTE通信用チップが搭載されておらず、携帯電話会社の通信網を利用した音声通話およびデータ通信ができません。

無線LAN回線を利用し、「050plus」や「LINE」などのVoIPサービスで音声通話することは可能ですが、近くに無線LANアクセスポイントがある場合に限られます。

センサーの数も異なります。

iPod touchにはGPSセンサーが非搭載のため、Wi-Fi通信網を通じてしか位置情報を確認できないため、GPSセンサーを搭載するiPhone 5に比べ精度が劣ります。

近接センサーがないため顔に本体を近づけても反応せず、照度センサーが省略(第4世代まではiPod touchにも搭載されていました)されたため、周囲にあわせ画面の明るさを自動調整することもできません。

一方、本体の厚さはiPod touchのほうが1.5mm薄いうえ、重量も約24g軽くなっています。

カラーバリエーションも豊富で、ストラップ(ipod touch loop)も取り付け可能です。

価格も、ディスク容量が同じiPhone 5に比べれば半額以下です。前述した機能差を納得できるなら、安くてコンパクトなiPod touchという選択もアリでしょう。