第2次安倍内閣ネット選挙力リサーチ Vol.9

写真拡大 (全6枚)

文部科学大臣と副大臣・政務官

第2次安倍内閣を紹介する連載第9回目は、文部科学省を取り上げる。教育改革は、安倍総理が経済再生とともに最重要課題に挙げていることは衆知の通りだろう。

しかも、昨今では教育関係で問題となっているニュースも多く報道されており、国民の関心も高い。先日は教育再生会議も開催され、具体的な動きも見え始めたところだ。

では、安倍総理の教育再生を支える、自民党の文部科学大臣と副大臣・政務官の5氏のインターネットにおける発信力をレポートしよう。

文部科学大臣 下村博文氏のネット発信

自民党の下村博文(しもむらはくぶん)氏は、1954年生まれで、東京11区選出の衆議院議員(6期)。幼少の時に父を交通事故で失い、交通遺児育英会の奨学生第一期生として進学した。現在は「あしなが育英会」副会長である。

大学在学中から学習塾の経営、政治家に転身したのは1989年、東京都議に初当選した(2期)。1996年に衆院選に初出馬・初当選し、国政に進出。第1次安倍内閣では内閣官房副長官を務め、今回の第2次阿部内閣において初入閣を果たした。

下村氏のネットでの発信は公式サイト、サイト内に設置しているブログ、フェイスブックがある。

公式サイトには、「人を幸せにする仕事、それが政治だ」とキャッチフレーズをかかげている。また「理念と政策」には、教育改革が政治家としてのライフワークとし、理念をつづっているので注目だ。

メニューには、これまでの動画「博文チャンネル」の他に、さっそく「文部科学大臣チャンネル」も設けられている。

サイト内にあるブログ「教育再生。日本創生。」も更新もこまめだ。写真を添えての活動報告や文章中心の提言もある。

さらにフェイスブックの更新も多い。こちらは活動報告と告知が中心。写真も多く、大臣の活動が刻々と写真で報告されているので、興味深く見ることができる。

文部科学副大臣 谷川弥一氏のネット発信

自民党の谷川弥一(たにがわやいち)氏は、1941年生まれで、長崎3区選出の衆議院議員(4期)。家業の製材所を手伝い、自身で谷川建設を創業する。

政治家への転身は1987年、長崎県議に初出馬・初当選(5期)、2003年には長崎議会議長に就任。同年に衆院選に初当選し国政に進出している。

谷川氏のネットでの発信は、公式サイトがある。

公式サイトは、「やいちの政策」「やいちの原点」「やいちの活動」に基本情報程度で、シンプルな作りである。

しかしながら、新着ニュースで副大臣拝命のコメントと、就任会見の動画がアップされている以外は、この数ヶ月のコンテンツの更新がないため、ネットでの発信に関しては積極的とは言えない状況である。

文部科学副大臣 福井照氏のネット発信

自民党の福井照(ふくいてる)氏は、1953年生まれで、高知1区選出の衆議院議員(5期)。

建設省(現 国土交通省)出身で、政治家への転身は2000年。第1次安倍内閣では農林水産大臣政務官を務めている。

福井氏のネットでの発信は、公式サイトがある。

福井氏の公式サイトは、「政策」や「取り組み」「各種資料」などのメニューがあるが、中心は「活動報告」であり、全体としてはブログの作りである。

その「活動報告」は、写真に簡単なコメントを添えたもので、事務的な報告といった印象。1月は4回アップされているが、それ以前は月1回、あるいは更新のない月もあり、あまり積極的とは言えないようだ。もっとも、副大臣としての活動報告はこまめに更新されているので、期待したい。

文部科学大臣政務官 丹羽秀樹氏のネット発信

自民党の丹羽秀樹(にわひでき)氏は、1972年生まれで、愛知6区選出の衆議院議員(3期)。地元証券会社に勤務した後、高村正彦元外相秘書を経て、2005年の衆院選で初当選した。

丹羽氏のネットでの発信は、公式サイトとブログがある。またツイッターのアカウントもあるが、休止状態が長いため、ここでは割愛する。

丹羽氏の公式サイトは、基本情報の他、「政策」、国会の委員会の動画をアップした「議事録」などがあるが、前者は2011年2月、後者は2012年8月の更新が最後となっており、新しいものはない。

一方、「活動写真」のページもあり、こちらは、定期的に更新がされているが、写真のみであるので、コンテンツとして豊富な情報とは言えないだろう。

さらにブログがある。こちらは1月が5記事とまずまずの更新。内容は、率直な口調で活動報告や感想などをつづった、“日記”といったところ。たまに“骨太”な提言などもはいると、興味を持つ人も増えるのではないだろうか。

ちなみに、丹羽氏の祖父は、元労働大臣の丹羽兵助氏。

文部科学大臣政務官 義家弘介氏のネット発信

自民党の義家弘介(よしいえひろゆき)氏は、1971年生まれで、神奈川16区選出の衆議院議員(1期)。“ヤンキー先生”として知られ、横浜市教育委員会教育委員や内閣官房教育再生会議担当室室長などを務めた。

2007年に参院選に初出馬・初当選し、政治家に転身。昨年12月の衆院選に出馬し、衆議院議員に鞍替えをした。

義家氏のネットでの発信は、公式サイト、サイト内に設置しているブログ、フェイスブックがある。

義家氏の公式サイトは、「国政ニュース」「神奈川のど真ん中16区ニュース」「義家ニュース」「義家」の政策などがあり、さらにサイト内にブログ「義家日記」があって、充実したコンテンツである。

ブログも定期的に更新しており、決意表明などつづっているが、フェイスブックの方はより更新が多く、発信の中心と言えるだろう。

フェイスブックの記事は、1日複数回のアップ。内容は硬軟織り交ぜており、写真に率直なコメントなどを書いた活動風景やプライベートを見せるものもあれば、時事問題や政治的課題について、提言をしているものもある。昨今の教育問題に関しての記述も多く見られるので、ぜひのぞいてみることをお勧めしたい。

(ライター 大久保ゆか)

▼外部リンク

下村博文(公式サイト)
http://hakubun.jp/
教育再生・日本創生ブログ(上記サイト内)
http://hakubun.jp/blog/
下村博文 フェイスブック
http://www.facebook.com/hakubun.shimomura

谷川弥一 オフィシャルサイト
http://www.tanigawa81.jp/

福井てる(公式サイト)
http://www.fukuiteru.com/

丹羽ひでき(公式サイト)
http://www.2wa.jp/
丹羽秀樹ブログ
http://blog.2wa.jp/

義家弘介 OFFICIAL WEB SITE
http://www.yoshiie-hiroyuki.com/
義家日記(上記サイト内のブログ)
http://www.yoshiie-hiroyuki.com/diary/Diary.php
義家ひろゆき フェイスブック
http://www.facebook.com/pages/義家ひろゆき/117416565075127


■関連記事