ヴィレッジヴァンガードでもおなじみのHAYATO(ピアノ)とHIRO(カホン)の2人組インストゥルメンタルユニット・ピアノジャックが1月18日から5周年記念として全国30か所を回って開催されるツアー「JACKPOT TOUR 2013」をスタートさせました。

ツアー初日の横浜・赤レンガ倉庫1号館ホールには多数のファンが詰めかけ、最新アルバム「EAT A CLASSIC 4」からの新クラシックカバー曲「ジムノペディ第1番」「エリーゼのために」やファンからの即興リクエストを含む全23曲、約2時間半の熱く激しくピースフルなショーが展開されました。
IMG_8710
冒頭、PVに出演のマペット(操り人形)が着ていた衣装で登場した二人に沸く場内。「このツアーではクラシックだけではなく、自分たちの曲も大胆にアレンジしたバージョンをお届けします」と何曲もガラッと変貌を遂げたオリジナル曲を披露。
IMG_8732
ファンのお題に応える即興コーナーでは、ピアノとカホンだけではなくHIROお得意の煽りと喋りでビートを刻みながら観客を巻き込んでいきます。
IMG_8977
IMG_9034
アンコールではHAYATOがピアノを立て、ブラックライト+蛍光塗料の手袋という特殊効果を用い「熊蜂の飛行」を披露。曲中のパントマイムにも驚嘆の声が上がっていた。
ラストシーンは定番となった「PEACE」での全員ピース!観客は満足げな笑顔満開!
IMG_9154
ピアノジャックのライブはCDから想像できない彼らの意外なキャラクターがとても魅力的なのだ。

ソールドアウトの会場が続出している「JACKPOT TOUR 2013」は、4月6日の渋谷公会堂がファイナル。ライブが気になっているファンはオフィシャルサイトのチケット情報をマメにチェックしておこう。

→Pia-no-jaC←オフィシャルサイト
http://pia-no-jac.net

item_92310_l