ガラタサライ加入のスナイデル「レジェンドになるために移籍した」

写真拡大

 インテルからガラタサライへの移籍が決まったオランダ代表MFウェスレイ・スナイデルが、新天地での意気込みを語った。『UEFA.com』が伝えている。
 移籍金750万ユーロ(約9億円)でガラタサライに加入したスナイデルは、「空港に到着して、ガラタサライに非常に大きなコミュニティーがあることがわかったよ」と印象を語るとともに、新チームでの決意を明かしている。

「ガラタサライのようなビッグクラブでプレーできることを、非常に喜んでいるとともに、誇りに思う。コンディションは良く、監督が使ってくれるならベシクタシュとのダービーでプレーしたい。そして、(ゲオルゲ)ハジのような伝説的な選手との比較は本当に名誉だよ。彼がガラタサライでどれだけ大きな存在なのかは理解している。彼はレジェンドで、僕はレジェンドになるためにここへ来たんだ」

 ガラタサライは、トルコ・スーパーリーグ第18節終了時点で勝ち点33の首位。27日には勝ち点2差で2位のベシクタシュをホームに迎えて、“イスタンブール・ダービー”を戦う。

[写真]=Getty Images