不動産アドバイザーに聞く。賃貸住宅の鍵の交換費用は誰が払う?

写真拡大

「退去時に、鍵の交換費用を敷金から差し引かれた」、「入居時、契約の明細書に『鍵の交換代20,000円』という記述があるけれど、自分が払う費用なの?」、「入居中に鍵を紛失してしまい、交換することにしたけど費用はどうなるの?」「快適で安全な一人暮らし・女性の暮らし」をモットーに活動する不動産アドバイザー・穂積啓子さんは、「鍵に関する質問、疑問は数多く寄せられます」と言います。

詳しいお話を伺いました。

■入居者が替わるときは、鍵は貸主の費用負担で交換される――賃貸マンションでは、住人が変わると鍵はどうなるのでしょうか?穂積さん:前の住人が退去されて新しい入居者が決まると、貸主がその部屋の鍵を新規のシリンダーに交換します。

取り換えないでそのまま使う家主もいるようですが、それでは以前の借り主や関係者が新しい入居者の家に合い鍵で侵入することもできるということになります。

ですから、新規の契約者には、シリンダー交換済みの鍵を引き渡すのが、貸主の責任です。

――その鍵の交換費用は誰が負担するのでしょうか穂積さん:借り主が紛失した、破損したなど過失がない場合は、基本、貸主側が負担します。

――「退去時に、鍵の交換費用を請求された」というトラブルが多いと聞きますが、「貸主が負担する」というのは、法律で決まっているのでしょうか穂積さん:現在(平成25年1月)のところ、鍵の交換についての法律はありませんが、国土交通省が平成16年に制定して改訂を重ねている、「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」に基づいた対処法があります。

ガイドラインですから法的な効力はないのですが、訴訟で裁判になった場合は、このガイドラインに沿って判決が下されることが多くなっています。

――では、退去時に鍵の交換代を請求された場合はどう対処すればいいのでしょうか穂積さん:払う必要はありませんが、トラブルになるのも避けたいところですから、「国土交通省のガイドラインに、貸主側の負担であることが明示されています。

現在では社会通念上、鍵の交換費用は貸主負担であるとされていますが、どうお考えでしょうか」と主張し、話し合うのが得策でしょう。

――入居前に、契約書や重要事項説明で「鍵の交換費用は借り主が負担する」という記述がを見つけた場合はどうすればいいでしょうか。

また、あまりよく読まずにそれら書面に押印してしまい、後から請求された場合はどうすればいいのでしょうか穂積さん:契約書に明記されていて印鑑を押したからといって、それが法律的に有効であるとは限りません。

訴訟になると過去の判例に基づいて、契約内容が破棄されることはよくあります。

ですから、泣き寝入りをしたり、払うべきものだと早合点することはありません。

また、「どうもこの鍵は新しくはなさそう」と感じたら、貸主側に「鍵は取り換えてありますか?  防犯の方法を考えているので」と質問をしてください。

もし換えていないようなら、早急に取り換えてもらうよう、話しましょう。

管理会社も貸主も、「鍵の費用負担は貸主が行うことが基本だ」ということは分かっているはずなので、きちんと伝えてください。

■入居者の不注意で取り換えた場合は、借り主が費用を負担――入居中に、鍵を紛失してしまったので自分で業者に頼んで鍵を交換した場合、費用はどうなりますか穂積さん:借り主の過失によることなので、その場合は、借り主の負担になります。

国土交通省のガイドラインには、「鍵の紛失または破損による取り換えは賃借人負担」とあります。大切なことですが、自分で鍵を取り換えた場合でも、すぐに管理会社か貸主側に報告をして、合い鍵を1本、渡してください。