福島ユナイテッドの益子が天皇杯ゴール賞「みんなが一つになって生まれたゴール」

写真拡大

 1日、日本サッカー協会は第92回天皇杯全日本選手権大会を象徴するゴールを表彰する「SURUGA I DREAM Award」に、福島ユナイテッドFCの益子義浩が3回戦のアルビレックス新潟戦で挙げたゴールを選出したと発表した。
 第92回大会「SURUGA I DREAM Award」の授賞式が天皇杯決勝戦のハーフタイムに開催。受賞した益子は、次のようにコメントした。

「受賞できたことを光栄に思います。福島では、いまだに震災の影響が残っていますが、選手、スタッフ、クラブ関係者、サポーターのみなさんが一つになって頑張っている中で生まれたゴールだと思います。この賞を励みに、復興のシンボルになれるようこれからも頑張っていきたいと思います」

[写真]=足立雅史