あなたの気になる人はどっち?「普段の言動×メールの文章」でSM判定

写真拡大


SかMか…その判断は、思ったよりも複雑ですよね。大人になればなるほど本音と建前の世界ですから、「Sだと思ったのにMだった」り、「微妙なラインで判別が付かなかった」り。けれどもSM判定がつけば、人間関係がスムーズにいきやすいのも確かです。
今回は、「普段の言動×メールの文章」の関連性で、その人がSかMかを見分ける方法をご紹介します。


S気質の普段の言動×メールの文章


普段の言動


基本的に「自分の興味、意見重視」。頑固で、自分の考えが1番という意識が強いのが特徴的。簡単に他人の意見を受け入れません。自分の価値観と違うと思うと、流すか、批判的な反応が増えます。
また、自分が興味のある人にしか質問をしないという面も。多くの人と話したり、根掘り葉掘りの質問はしないタイプです。


メールの文章


普段の言動のままの文章。感謝の言葉やオーバーな表現は少なめです。余計な文章も少なく中身はシンプル、絵文字、顔文字も少なめです。


M気質の普段の言動×メールの文章


普段の言動


基本「相手の興味、意見重視」。柔軟性があり、相手の意見を聞いて自分の考えが変わることもあります。批判するよりは一度受け止めたり、素直に良いものを認めていきます。
どちらかと言えば自分の考えを話すよりは、相手の意見を聞く方が好き。多くの人、多くの質問をしていくタイプです。


メールの文章


普段の言動のまま、もしくはそれ以上の気遣いの多いメールになりやすいのがM気質の人。顔文字、絵文字も多めです。


使い分けSM


使い分けSMとは、「普段はSだけど恋愛だとMになる」やその逆と、普段と恋愛でSMが変わる人のこと。実は1番多いタイプです。「普段はSの言動なのにメールの文章はM」と「普段はMの言動なのにメールの文章はS」に分かれます。上記の項目を見て判断してくださいね。
前者は「日常Sの恋愛M」。普段はSに見えても、恋愛になると相手の考えを受け入れ、尽くします。
後者は「日常Mの恋愛S」。普段はMですが、恋愛になると主導権を握ります。相手にやたら合わせることはありません。


いかがでしょうか?メールは1人きりで一度考えて書くだけあって、その人の本質が出てきます。あなたの周りの人で判断してみてくださいね!


あわせて読みたい