「物事はとてもうまくいっているわけじゃない。だが私は、我々が素晴らしい1年にすると確信している。プレミアリーグは現時点で世界最高のリーグであり、我々はそのリーグで去年優勝したのだから、最後の最後で1試合を落とすことも受け入れられる」

マンチェスター・ユナイテッドとのダービーマッチを落としてから一夜明けた10日、マンチェスター・シティのロベルト・マンチーニ監督がイタリアでの授賞式でこのように語った。同監督は「外国に住むのは簡単なことじゃない。家が恋しいと感じるものだ」とも述べている。

また、FWマリオ・バロテッリが父親になったことについて、マンチーニ監督は「知っているのか、と彼に聞いたよ」と冗談を飛ばしてから、同選手の去就について次のように話した。

「バロテッリにはとても素晴らしいクオリティーがある。彼は売りに出していない。22歳の選手で、仕事と家族のことだけを考えなければいけないよ。これだけの才能があるのだからね。だからこそ、今のように、それを無駄にしてはいけない。彼ほどのクオリティーがあれば、どんな瞬間でも試合を変えることができる。そのときが早く訪れることを願っている」

マンチーニ監督はミランFWステファン・エル・シャーラウィ、ローマMFダニエレ・デ・ロッシ、インテルMFヴェスレイ・スナイデルについて、次のようにコメントしている。

「ファラオーネはミランの選手だ。我々が獲得できるとは思わない。ミランは未来に向けて素晴らしいカンピオーネを見つけたね」と

「我々は夏にデ・ロッシの獲得を目指した。取引はまとまらず、話は終わった。デ・ロッシはローマに残ると思う。彼が出て行くとは思わないな」

「スナイデルは素晴らしい選手だ。だが、我々には(サミル・)ナスリや(ダビド・)シルバといった、似たような特徴の選手たちがいる。彼の素晴らしいクオリティーは別にして、スナイデルは我々に必要な選手ではない」