「謝罪の王様」の脚本を手がけた(左から)宮藤官九郎、主演の阿部サダヲ、ヒロインの井上真央

写真拡大

脚本・宮藤官九郎、主演・阿部サダヲ、監督・水田伸生の“ゴールデントリオ”が、オリジナルコメディ「謝罪の王様」で3度目のタッグを果たすことがわかった。テーマは謝罪で、ヒロインを務めるのは井上真央。さらに、岡田将生、尾野真千子、高橋克実、松雪泰子、竹野内豊、荒川良々、濱田岳、小野武彦、濱田マリと、豪華かつ個性派キャストが結集する。

「舞妓Haaaan!!!」(興行収入20億8000万円)、「なくもんか」(興収13億5000万円)で新機軸のコメディを打ち出した3人が、再び相まみえる。「夢売るふたり」で松たか子とともに結婚詐欺師を演じた阿部が、今作では架空の職業「謝罪師」を生業とする主人公・黒島譲に扮する。ケンカの仲裁から政府を巻き込んだ国家存亡の危機までを、謝罪のテクニックを駆使して解決し、さらに土下座を超える究極の謝罪で日本を救うまでを描く、爆笑必至のブラックな社会風刺コメディだ。

脚本の宮藤は、「なくもんか」公開直後に水田監督から「風刺喜劇をやりませんか?」と誘われたという。快諾したものの、社会のめまぐるしい変化に追いつけなくなり、物語は二転三転。そんなとき、「何が起こっているかは分からないけれど、テレビをつけるといつも誰かが謝っている。なかには『それ、謝る必要ある?』というケースもありました。『謝る』ことをテーマにコメディを書いたら風刺になるんじゃないか? そう思って一気に書き上げた」と振り返る。

東京謝罪センター所長の黒島を演じる阿部は、「最初から最後まで面白い人ばっかりたくさん出てくるすごい台本でした! そしてそこにハマッてくるキャストの皆さんの顔ぶれ…楽しそう。号泣!爆笑!平和!頑張ります!」とコメントを寄せ、撮影に臨んでいる。ヒロイン・倉持典子役の井上は「初めは、何て無茶なお話なんだろうと思いましたが、想像を越える展開と笑いのなかに日本人の気質や風刺が練りこまれ、これが宮藤官九郎ワールドなんだ! と度肝を抜かれました。3度目のタッグを組む水田監督、そして同じく3度目の共演となる阿部サダヲさんに置いていかれないよう必死についていきたいと思います!」と意気込んでいる。

今作は、大小さまざまな6つの物語で構成される。うまく謝罪ができない帰国子女の倉持典子(井上)、セクハラで窮地に立たされる下着メーカー社員・沼田卓也(岡田)、息子の不祥事を謝罪する大物俳優の南部哲郎(高橋)、離婚して久しく会っていない娘に謝罪したい超一流国際弁護士の箕輪正臣(竹野内)、マンタン王国の皇太子をエキストラ出演させたことで国際問題に巻き込まれる映画プロデューサーの和田耕作(荒川)、そして主人公の黒島。この6人が繰り広げるストーリーが、時に人間関係、時系列、場面ごとに連結し合い、ひとつの物語として“解決”へとつながっていく。撮影は、2013年1月中旬に撮了予定。

「謝罪の王様」(www.king-of-gomennasai.com)は、13年9月28日から全国で公開。

■関連記事
井上真央、次回作は芸人役を熱望 渡辺直美とコンビ結成!?
井上真央に1年間密着 本サイトに明かす25歳の素顔
阿部サダヲ、松たか子ら女優陣の浴衣姿に「イヤらしいこと考えた」
宮藤官九郎、「中学生円山」完成を前にネタばらし
草なぎ主演のクドカン監督作 遠藤賢司&ヤン・イクチュン、異色の2人が出演