電車の忘れ物についてJRさんに聞いてみた!

「電車の忘れ物」と聞くとやはり傘の忘れ物が多いイメージがあります。しかし実際のところはどんな忘れ物が多いのでしょうか? また、変わった忘れ物はあるのでしょうか? JR東日本・広報部さんに忘れ物について聞いてみました。

――電車の忘れ物ですが、どんなものが多いのでしょうか? やはり傘が一番多いのですか?

いえ、忘れ物で一番多いのは傘ではないんです。昨年度の忘れ物センターのデータで調べますと一番多いのは実は「衣類」なんですね。

――そうなんですね! 傘が一番多いものだと思っていました。衣類というのは服とかでしょうか?

服の忘れ物もありますけど、多いのはマフラーや帽子、そして手袋などですね。特に手袋は非常に多かったりします。

――冬場に忘れてしまいがちなものが多いのですね。手袋は片方だけ忘れてしまうケースも多そうです。では次に多いのは何でしょうか?

次に多い忘れ物は「傘」です。

――傘は2番目に多い忘れ物だったんですね。電車の忘れ物のイメージとしてはダントツなんですが(笑)。傘はどれくらいの数が忘れ物として届いているのでしょうか?

傘は昨年度で約30万本忘れられていますね。

――30万本とか、皆さん忘れすぎです(笑)。全部が500円のビニール傘だとしても、1億5千万円分の傘が忘れられている訳ですよね……。恐ろしい。次に多いのはどんな物なのでしょうか?

次に忘れ物として多いのは「書類」ですね。

――書類というのは、会社で使い資料とかそういった類のものでしょうか?

どういった内容物なのかは詳細はわかりませんが、恐らくはそういったものだと思いますね。

――もし大事な書類とか、内部機密が書かれていた場合は恐ろしいことになりそうですね(笑)。そのほかに、意外と多く忘れられているものって何がありますか?

意外と現金の忘れ物が多いんですよ。忘れ物の中でも全体の4番目くらいに多い忘れ物なんです。

――現金ですか!? それは意外ですよね!お金は大事ですから、そうそう忘れるものではないと思うのですが、そうではないのですね。

小銭なども多いですからね。総額でいくらになる、などは調査していませんが……。

――チリも積もれば……じゃないですけど、もしかするとすごい金額になるかもしれせんね(笑)。あとはどんなものが多いのですか?

封筒なんかも非常に多いですね。

――封筒もうっかり忘れるような物ではないイメージがあるんですが、世の中わからないものですね。よく「骨つぼ」の忘れ物があった、なんて話がありますけど、そういった変わった忘れ物はあるのでしょうか?

それが変わった忘れ物というのは案外ないものなんですよ(笑)。

――そうなんですね。やっぱり変わった持ち物だと、持ち主もより注意するんでしょうか(笑)。

あと物によっては、個人が特定されてしまう恐れがあるので公表できなかったりするので……。

――なるほど。しかし傘の30万本というのは驚きですね。純粋にもったいないです。

忘れ物はできるだけしないよう、注意していただけると私たちも幸いです。

――はい!気をつけます!

意外にも、忘れ物で一番多いのは衣服ということでした。傘よりも多いということは、相当数の忘れ物があるということですよね。また、現金が多いというのも驚きでした。変わった忘れ物がほとんどない、というのは少し残念。やはり骨つぼなんてのは都市伝説なんですかね?

ともかく、忘れ物は自分にとっても鉄道会社にとっても良いことなし。できるだけ忘れ物をしないよう気をつけましょうね!

(高橋モータース@dcp)