「君が笑う〜僕はそれが幸せ〜そんな気持ちくれてありがとう〜僕が笑う〜君はそれが幸せ〜そんな気持ちありがとう〜いつか君は優しいママになるだろう〜そんな気持ちありがとう〜いつか僕は頼れるパパになるだろう〜そんな気持ちありがとう〜素晴らしき日も涙がこぼれる日も〜そばにいると誓うよ」


今月4日、200人あまりが出席する超豪華版結婚披露パーティで、自身が作詞したラブソングを新婦に送ったのは、フジテレビ編成制作局に勤務する新郎のディレクターMさん(34)。宴の主人公は、9月に同局を退社した平井理央(29)だ。


場所は「ザ・プリンスタワー東京コンベンションホール」。看板番組の『すぽると!』のキャスターを6年半務めた平井アナだけに、スポーツ関係者を中心とした豪華な面々が駆けつけた。


平井を射止めた新郎のMさんは、彼女と同じ慶応大学卒で先輩後輩の間柄。おもにバラエティ番組を手がけ、局内では「若手エースの1人」と目されるイケメンディレクターだ。披露宴では感極まりながら平井への思いを語った。


「最初は心を開かなそう(な女性)と思っていましたが、次第に彼女を幸せにしたいと思うようになった7年間でした。(この後の)パーティでは泣かないようにします」


号泣しながらの挨拶に、参列者の1人は「最後まで涙を見せなかった新婦にくらべ、新郎は大丈夫かよと心配する声が出ていました(笑)」と語っていた。


今後、平井はしばらく主婦業に専念した後、フリーアナに転身する道を模索しているという。冒頭のラブソングを新郎から捧げられた新婦は、自虐ギャグ(?)をまじえてこう挨拶した。


「ラブソングは死ぬほど恥ずかしかったけど、うれしかったです。会場の皆さんには申し訳なかったですけどね。フライデーに(交際を)撮られたのは、付き合いだして7カ月めのことでしたが、それを乗り切ってきました。素敵な家族を築いていきたいと思っています」


(週刊FLASH 11月27日号)