モデルで登場したのは、21代目・トリンプのイメージガール。左から渡辺アリサ(20歳)、ALISA(ありさ、18歳)
世相を反映させたユニークなブラジャー。過去に「スーパーCoolブラ(2012年)」、「なでしこ応援ブラ(2011年)」「婚活ブラ(2009年)」などを発表してきた女性用下着メーカーのトリンプ・インターナショナル・ジャパン(東京都中央区)が13日、都内で開かれた展示会において、最新作『女性維新ブラ』を披露した。

構想と製作日数に約6カ月を要したという特製のブラジャー(非売品)。同社は、自由な発想で、オリジナリティあふれるデザインを展開。その年の時流や話題を捉えて、1987年以来シリーズ化させている。

今回は、先進国の中で“男女平等度”が低いと評価される日本において、今では、世界的な活躍がめざましい“日本女性”に着目。男性社会でがんばる女性鋳物職人・杉原優子さん、そして、女性鍛冶師・岡本友紀さんとコラボレーション。ところどころの素材に硬質なイメージの金属を用いて、優美な世界を作り出した。

21代目・トリンプのイメージガール。左から渡辺アリサ(20歳)、ALISA(ありさ、18歳)


■錫(すず)製のカップは、バストに丸みに合わせて形状変化
ブラジャーのカップ部分は、鋳物職人の杉原さんが受け持ち、型から製作した錫製の曲がるカップを使用。バストの丸みに合わせて、自由に曲がり、どんな女性のバストにもフィットするよう素材を使っている。桜の花びらがつながった透かし仕上げは、女性職人ならでは。繊細でエレガントさを表現している。

■おなか部分の押さえに…軟鉄で製作した「維」「新」の文字飾り
ブラジャーのおなか部分にある、文字飾り。鍛冶師・岡本友紀さんが担当し、桜の花や枝をイメージしたもので、おなかのラインを整える役目がある。2つを並べると「維新」の文字が完成する。今回、愛や幸せをイメージする「ピンク」と、知性・誠実・清潔をイメージする「ブルー」の2色のブラジャーが準備された。

■リバーシブルの巻きスカート
ボトムに用意されたのは、“着物風”“ドレス風”と好みに合わせて、裏返ししても着用可能な巻きスカート。和装から洋装へ、明治維新を機に女性の意識やライフスタイルに大きな影響を与えた「服飾革命」を表現している。