元イタリア代表FWクリスティアン・ヴィエリ氏が、チャンピオンズリーグ(CL)・トロフィーツアーのイベントに参加した。ローマのポポロ広場で、自身が手にしたことのないトロフィーと写真を撮った同氏は、アレッサンドロ・デル・ピエーロやマリオ・バロテッリ、ユヴェントス対ナポリの一戦など、さまざまなテーマについて語った。

「スクデット争いではユヴェントスがとても良いと思う。(アントニオ・)コンテ監督が就任してからメンタリティーが変わったな。本物のチームだよ。オレがユーヴェでプレーしていたときのようにね。彼らは1年半前から一緒にやっている。良いグループで、倒すのは大変だろう」

「オレは(エディンソン・)カバーニが大好きなんだ。ゴールを量産し、相手守備を引き裂いて、深い位置を攻める。いつかビッグクラブでの彼を見たいね。ナポリは素晴らしいチームだが、オレは世界のトップ4、トップ5のクラブでの彼を見たい」

「デル・ピエーロ? イタリアサッカーは偉大なカンピオーネを失った。でもオレは、アレがとても満足していると知っているし、彼の選択は尊重されるべきだ。いくつかの理由から、彼はオーストラリアを選んだ。家と人生を変えるのに最高の国だ。SMSで連絡したよ。近いうちに会いに行く。シドニーを案内するんだ」

「バロテッリはCL決勝にも進めるような良いチームにおり、(ロベルト・)マンチーニは素晴らしい監督だ。オレとバロテッリは似ている? いや、かなり違うね。彼に自分を見ることはない。オレの方がよりセンターフォワードだ。彼はボールに触れないと動くだろう。プライベート? オレは決して外出しなかった。君らメディアが騒いでいたんだ。オレに何がアドバイスできる? オレはアドバイスはしないよ」

「経済危機により、若手に期待し、若手を成長させなければいけなくなっている。より役立つ選手を探せるか、フロントの能力に懸かっているね。多くの若者がいるが、徐々に取り入れていかなければならない。すぐにプレーさせ、2試合後に追い出したりしてはいけないんだ。欧州全土がそうであるように、冷静にやる必要がある」