AKB48の増田有華がスリーサイズを測ってもらったところ、漫画やアニメで人気のある『ルパン三世』に登場するセクシー美女の峰不二子のようだと評価されたことをGoogle+で報告している。ミュージカル“ウィズ”で主演している彼女は役作りで痩せたというが、体型はグラマラスになったようだ。ファンからも彼女の思わぬ報告に対して、「ダイナマイトボディだったんだ」など多くの反響があった。

ミュージカル『ウィズ〜オズの魔法使い〜』のオーディションで主演のドロシー役に選ばれたAKB48の増田有華は、役に専念するためにAKBの東京ドーム公演を辞退するほどこのミュージカルに入れ込んできた。9月28日から公演が始まり、11月5日の千秋楽まで彼女はドロシーに徹しているのだ。

そんな彼女が10月11日の『増田有華 Google+』で、「衣装さんにすごい痩せたからってサイズ測ってもらったら、峰不二子に限りなく近いって言われた!」と喜びを報告している。峰不二子といえば『ルパン三世』でルパンを惑わせるグラマーな悪女であり、セクシーな女性の代名詞だ。

それだけに増田有華も「ちょーうれしいこと言われた!」と、その峰不二子を引き合いに出されてテンションが上がっていた。もちろん身長や体重の違いから同じスリーサイズではないが、衣装さんは彼女のプロポーションのバランスが峰不二子に限りなく近いと評価したのだろう。

ファンからも増田有華が明かした意外なプロポーションに、反響のコメントが届いている。「峰不二子さんってB99.9 W55.5 H88.8ですよね」とスリーサイズを説明して、いかにその例えが凄いかを称える声もあった。他にも「すげぇ! 誰もが憧れる不二子になれる人間がいるなんて!」、「前にテレビで実写版不二子を探してたけど、モデル30人集めても1人もいなかったよ?」とAKBから峰不二子クラスのプロポーションの持ち主が出たことに驚きを隠せない様子だ。「今度のグラビアが楽しみですな」と改めて彼女のナイスバディを確認できる日を待ち望む者もいれば、「本当に実写版不二子の声がかかるのでは」と期待する声も出ていた。

『ルパン三世』は過去に実写映画化されているが、その時はルパン三世を目黒祐樹、次元大介を田中邦衛が演じており、峰不二子役は宝塚出身の江崎英子が務めている。当時は彼女の演じる峰不二子もずいぶん話題となった。

最近は漫画やアニメの実写化が増えているだけに『ルパン三世』にもその可能性はあるだろう。その時は是非とも増田有華に峰不二子を演じて欲しい。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

■関連リンク
増田有華【拡大写真/53枚】