9月26日、自民党総裁選に勝利した安倍晋三氏(58才)。安倍氏といえば5年前、厚労省認定の難病・潰瘍性大腸炎のため総理を辞任した経歴がある。

 1987年に結婚した妻の昭恵さん(50才)は、弱りきった夫を見て涙ながらにこう懇願した。

「あなた、政治家をやめて。こんな状況になってできるわけないでしょ」

 妻のこの言葉にも首を横に振ったというが、結局、満身創痍の安倍氏は総理を辞任せざるを得なかった。そんな心身ともに疲れ切っていた彼を昭恵さんは支え続けた。

 社交的で、会食の機会も多かった昭恵さんだったが、安倍氏の辞任以降は、自宅で夫婦ふたりきりの時間を過ごすよう心がけ、夫がリラックスできるように努めたという。

「安倍さんの大好きな任侠映画のDVDを見たり、ヒーリングミュージックを聴いたりしていたそうです」(全国紙政治部記者)

 また、昭恵さんは主治医と相談しながら、夫の健康を取り戻そうと、食事にも気を配った。

「毎朝、りんごとにんじんをミキサーにかけて特製ジュースを作ってあげていました」(安倍氏の知人)

 最近では、胃がんの原因となるピロリ菌を抑制する効果のある乳酸菌の入ったヨーグルトを、毎朝必ず出しているという。

「友人から腸にやさしいと聞いて出しているそうです。ご主人が飽きないように、フルーツを加えたり、塩を入れたりと、いろいろ工夫しているみたいです」(前出・安倍氏の知人)

 さらに昭恵さんは、夫の健康に少しでも役に立てばと、生命力エネルギーである波動についての勉強も始めたという。

「人間を含め、すべてのものには、固有の振動数、つまり“波動”があるそうです。人工的なものより、自然に近いものの方が良い波動があり、健康に良い影響を与えるそうです」(前出・安倍氏の知人)

 ときには、波動に詳しい専門家との勉強会を開いたこともあったという。

 こうした昭恵さんのサポートに加えて、2009年12月に、潰瘍性大腸炎の新薬『アサコール』が発売された。安倍氏は早速、この薬を服用すると、劇的に体調が改善。冒頭のように病気の克服宣言をするまでになった。

 しかし、吉祥寺セントラルクリニックの矢端正克院長はこんな警鐘を鳴らす。

「潰瘍性大腸炎は完治しない病気といわれます。今は、症状が薬で安定していても、もし首相になったら、再び大きなストレスがかかるでしょう。そうなった場合、症状が悪化する可能性はあります」

 症状を抑えるのに大きな効果を発揮する新薬でも、病気そのものを治すことはできないという。そのうえ潰瘍性大腸炎は、悪化すると大腸がんを併発するケースさえある病気だ。

 最近、安倍氏のフェイスブックには、秘書が写真付きでこんな日記を綴っている。

<安倍さんが「お腹すいた…『てんや』行こう!」と言い出し、みんなで近所の『てんや』で深夜の天丼!!>

<安倍さんはコンビニで大好きなアイスを購入。秘書にも『ガリガリ君』買ってくれました>

「実はこうした写真やコメントを載せるようになったのは、昭恵さんが、“病気が治ったと知ってもらうには、こういうことをした方がいい”とアドバイスしたからだそうです」(前出・政治部記者)

 4月27日のフェイスブックでは、本人が人間ドックの結果を発表。前述した大腸がん併発の可能性についても言及してみせた。

<炎症、潰瘍もすっかり消え、発がんのリスクも低下していることがわかりました>

※女性セブン2012年10月18日号