ダービーのことは考えず、1試合ずつ戦う。ミランのマッシミリアーノ・アッレグリ監督は冷静を求めている。

ミランは3日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループリーグ第2節で、ゼニト・サンクトペテルブルクと敵地で対戦する。アンデルレヒトとの初戦をドローで終えたアッレグリ監督は、初勝利を求めているのだ。

「ダービーよりも明日の試合の方が重要だ。グループ突破の有力候補は、我々とゼニトだよ。拮抗したグループで、決まるのは最終節になってからだろう。リーグを制覇するためにつくられたチームを相手に、我々はうまくやらなければいけない。明日の我々の目標は、勝ち点3だ」

アッレグリ監督は現在のことだけを考えており、自身の今後に関する噂は気にしていない。

「もうアツくなることも、冷めることもないよ。私が関心あるのは、チームが良いプレーをすることだけだ。我々は落ち着いて、不注意をなくすようにしなければいけない。セットプレーからの失点が多すぎるからね」

MFリッカルド・モントリーヴォが先発に戻り、「4-2-ファンタジー」のシステムとなるだろう。モントリーヴォはMFナイジェル・デ・ヨングとMFマッシモ・アンブロジーニの間で、ディフェンスラインの前でプレーするかもしれない。