自民総裁選 5候補すべて金権体質/パー券販売 料亭で豪遊

写真拡大


 自民党の総裁選(26日投開票)が行われています。テレビや新聞は、だれそれが有利だとか、先行していると報じますが、5候補の「政治とカネ」を点検してみると、いずれ変わらぬ金権体質など、旧態依然ぶりが浮かび上がってきます。

 本紙は、各候補の資金管理団体と、各候補が支部長を務める政党支部について、2010年の政治資金収支報告書と政党交付金使途等報告書を調べました。

 これによると、資金管理団体と政党支部を合わせた年間収入は、町村信孝元官房長官、安倍晋三元首相が2億円近く集めているほか、石原伸晃幹事長が1億1200万円、林芳正政調会長代理が約7000万円、石破茂前政調会長が4100万円といった具合。

 5候補とも、資金管理団体が、「囲む会」「政経セミナー」「励ます会」などの名目で、一夜で千万円単位のカネ集めをしています。

 政党助成金導入と引き換えに、政治家個人への企業・団体献金は禁止となったのに、“抜け道”の政党支部で、企業・団体献金をせっせと集めています。このうち、安倍氏は、関西電力グループの「きんでん」12万円など、5万円以上の献金を139社から受け取っています。

政治資金で飲食

 支出では、ほとんどの候補が、政治資金で飲み食いをしているのも特徴です。

 石原氏は、「渉外費」名目で、東京・赤坂の料亭や高級ホテルなどで、計167回、609万円の飲み食い。2〜3日に1回という精勤ぶりです。安倍氏も回数は101回ですが、金額は661万円、1回平均6万円以上の豪遊です。

 総裁選立候補には、20人の推薦人が必要ですが、所属派閥を超えて、同僚議員のパーティー券購入のお付き合いも目立ちます。

 林氏は、石破氏や国民新党の自見庄三郎代表ら81人の2万円パーティー券を購入。石原氏は、石破氏や林氏ら60人、安倍氏は、林氏や町村氏ら50人のパーティー券をそれぞれ購入しています。

 国民の税金が原資である政党助成金を5候補は、900万〜2000万円も党本部から受け取っています。支出では、林氏が、テレビ代15万8000円など、首をかしげたくなるものも。使い残したら国庫に返納するのがスジですが、町村氏179万円、石原氏156万円、安倍氏141万円と、3人が翌11年に繰り越しています。

 石原氏の資金管理団体で、「その他の収入」として、経済産業省から27万3050円の「エコカー補助金」というのがありました。254万円の車を購入した際のものですが、政治資金で車を買って補助金収入というのも何か釈然としません。

 林氏の資金管理団体の支出には、靖国神社に「献灯」として1万2000円がありました。