ナポリを率いるワルテル・マッツァーリ監督が、Gazzettaのインタビューに応じてくれた。

―この2年で、あなたとナポリの関係が緊張したことがありました。ナポリを離れる可能性があった時期もありますが、デ・ラウレンティス会長との関係はいかがでしょうか?

「大きな問題はない。首脳陣と強く検討するべきだ思う。意見の不一致はポジティブなことでもある。我々が衝突したとき、少しおおげさに言われているだけだ。それぞれの年にプログラムがある。そして、はっきりとした期待がある。それをやって、シーズンの最後に結果が出る。それから、継続かそうでないかを決めるんだ。そして私は今、数年前(4年)からここのベンチに座っている監督だね」

―そうですね。ですが、新しいニュースとともにシーズンが始まりました。あなたの契約が今シーズンで終了します。どういう意味があるでしょうか?

「これは私の決定だった。同じ場所で3年やっていると、新しいものを得る必要がある。私は選手やスタッフに、当たり前のことだと思ってほしくない。私も強烈なストレスを持っている。2年よりも短い契約でスタートを切るのは、これが初めてのことだね」

―すぐにデ・ラウレンティス会長が契約延長をオファーしてきたら、どう答えますか?

「今はその時間ではない。その評価には感謝を伝える。ただ、私はチームにさらなるモチベーションを必要としており、私がプレーに戻ることを望むなら、待つことが適切だろう。オファーがあるかもしれないけれどね。シーズン終盤に向けて、話し合う時間はある。だから、契約の話はもうしないでもらえるとありがたい」

―6月の退団は考えていないということでしょうか?

「こういったことは、各シーズンの終わりに考える」

―プレミアリーグやリーガエスパニョーラ、ブンデスリーガで挑戦する準備はできていると思いますか?

「ナポリで指揮を執った経験の後なら、どこも恐れることはない」