“美的”犯罪ファイル。合コン詐欺師を捕まえろ!(後篇)

写真拡大 (全14枚)

近年「ホワイトカラー・クライム」と呼ばれる、詐欺や偽造、横領などの知的犯罪が増加している。

犯罪先進国のアメリカでは、このような知能犯に対抗するFBI知能犯専門チームがあり、その活躍を描いたドラマ『ホワイトカラー』は日本でも大人気で、本日、シーズン3のDVDがレンタル開始される。

同じように、恋愛においても、近年、化粧品やアンチエイジング、整形技術やブラジャーの進化に伴い、女性の容貌の偽造が高度化している。

ドラマ『ホワイトカラー』では、元・天才犯罪者の主人公ニール・キャフリーがFBI捜査官ピーター・バークとコンビを組み、次々と知能犯の手口を暴いていくが、今回、この『ホワイトカラー』の凄腕テクニックに学びながら、合コンで女性の偽造をみぬくポイントをクイズ形式で特集してみた。

合コンに紛れ込んだ知能犯を、ぜひその手で捕まえてほしい。



前回のクイズでは、女性陣に混じった女装男性と、偽造のお尻を見抜くクイズを紹介したが、今回のテーマは最も偽造が多発する部分、おっぱいだ。

■クイズ:偽造おっぱいを暴きだせ!



FBI捜査官のあなたは、あるコンパで、一人の女性が胸を盛りすぎているという情報を得た。目の前の女性が偽造おっぱいかどうかを当てて欲しい。

■ドラマ『ホワイトカラー』からのヒント

『ホワイトカラー』の見どころの一つは、元・天才犯罪者の主人公ニールと、FBIの知的犯罪ユニットの指揮官、ピーター・バークのコンビネーションだ。

まったく異なる経歴と能力を持つ二人が協力することで、鮮やかに知的犯罪を暴いていく。

そして単に元犯罪者とFBI捜査官という関係を超えて、いつしか友情が芽生え、2人の絆は一段と深まっていく。

一方、コンパでの偽造を見抜くにも、女性の相棒がいれば最強だ。女性の偽造を知るのはやはり女性。『ホワイトカラー』のニールが偽造品を見破れるのも、ニール自身が偽造品を作っていたため、偽造の方法を知りつくしているからだ。

そこで今回、「神谷えりな」さんにかわいい相棒として協力してもらい、偽造を見抜けるようにわかりやすい練習問題を作らせてもらった。こちらを一度体験すれば、誰でも偽造を見抜けるようになるはずだ。



■練習問題:どっちが偽造?

まずはやさしい問題だ。
次の左右どちらの写真が、
パッドが入った偽造おっぱいかを当てて欲しい。





正解は左だ。
男性からすると「水着にパッドを入れるのか?」と思う方もいるだろうが、
女性からすると「水着こそパッドを入れる!」ものだそうなので、油断できない。

次はちょっとむずかしい問題だ。





正解は左だ。
体を反ると、偽造品は胸が上がりすぎて不自然になる。

最後に、服を着た状態で練習してみよう



ちなみに服を着るといえば、『ホワイトカラー』で特に人気なのは、マット・ボマー扮する主人公ニール・キャフリーのイケメンぶり。頭脳明晰で、次のように様々なスーツを優雅に着こなすオシャレさが女性にはたまらないだろう。男性も着こなしの参考になる。



さて、正解は左だ。
偽造品はどこか不自然な所がある。
『ホワイトカラー』の主人公ニールが瞬時に偽造を見抜くように、
ぱっと見た時の「違和感」を感じられるようになれば一流だ。

ちなみにニールは、古い書類なのに、かすかにインクの臭いがするのはおかしい、
といった、視覚だけではなく五感を使って偽造品を見抜いている。

不正解だった方に解説すると、
偽造おっぱいは胸の谷間の角度が鋭すぎる。
次のように同じポーズをとればわかりやすい。



さて、ここまで練習を積めばわかるだろう。
冒頭の女性の谷間をよく見て欲しい。



そう、彼女の胸はパッド入りだ。
谷間の角度が鋭すぎる。
貴方はもうすでに、ニールのように偽造品を見破れるようになっているはずだ。

“今回”撮影した写真をすべて見る
“前回”撮影した写真をすべて見る

もし自分では見破れなくても、女性の幹事に聞き込みをすればわかるかもしれない。
ドラマでも、直観が鋭いニールとは逆に、ピーターは周到な調査と準備でしっかりと相手を追い詰めるタイプだ。この二人のコンビネーションで事件を解決していく。
自分の直感でわからなければ違うタイプの仲間に相談してみよう。

今回参考にしたドラマ『ホワイトカラー』は、このクイズのように、見ればみるほど賢くなっていくドラマだ。
様々な知的犯罪の手口を、ニールとピーターが協力して鮮やかに解決する様子を目の当たりにすれば、
近年の日本でも増加している知的犯罪(ホワイトカラー・クライム)を防ぐヒントが得られるはずだ。

本日レンタルが開始された『ホワイトカラー』シーズン3。
まだ観たことがない人は、まずは特集サイトをチェックしてみてほしい。

■関連リンク
ホワイトカラーlivedoor特集サイト
ホワイトカラー公式サイト