立て続けに阪神の話題ではあるが、阪神球団は早ければ今季からGM制度を取り入れることとし、人選に入ったと言う。

GMという役職は日本ではなじみにくい。日本の企業では、現場と経営は上下の関係になっており、管理職は出世をすれば経営者になる。経営陣が、現場を見ているケースも多い。経営と現場の境界が不明確で、責任の所在もあやふやなのだ。

GMは、現場の最高責任者だ。これまでの阪神では球団社長と言う経営者がGM的な業務を行ってきた。ここを明確に分けようと言うことだろう。そのかわり、GMは経営には一切タッチしない。

GMに一番良く似た仕事は、映画のプロデューサーではないかと思う。プロデューサーはスポンサーや映画会社から資金を集めて映画を作る。脚本家、映画監督、裏方など個々のスタッフと契約をし、出演する俳優を決め(キャスティング)、映画製作を進行させる。そして最終的には興行収益を上げることができる良い映画を、期日通り、予算通りに完成させるのだ。

映画を作ると言うすべての業務を統括し、最終責任を取るのがプロデューサーの役割だ。
野球のGMも、球団から決められた予算の範囲内で監督やコーチを決め、選手を集め、野球チームを構築していく。そしてペナントレースを戦って、好成績を収めるのが最終の使命だ。通常、GMは興行面やマーケティング面については面倒をみない。しかし、それ以外のチーム運営に関わるすべての責任を負う役職だ。
監督は、GMから与えられたチームの采配を振るう。監督は、作戦面の指揮官であり、選手の獲得や育成などには直接タッチしない。与えられた戦力をいかに活かしていくかが求められるのだ。この点でもキャストをうまく使って映画を作っていく映画監督とよく似た仕事だと言えるだろう。

GMは、現場には直接タッチしないが、現場のことを熟知している必要がある。そして、毎日目先の勝利を追い求める監督とは異なり、半年先、来シーズンといった中期的な視野を持つことも求められる。当然ながら、コスト意識も必要だ。
そして、現場の最高責任者として、監督をバックアップし、チームをまとめ上げるリーダーシップも求められる。

日本のGMとして、一番成功したのは故根本陸夫氏だろう。この人は監督としては優れていたとはいえないが、西武、ダイエー(ソフトバンク)で球団社長になると優秀な監督を起用し、近い将来活躍しそうな有望選手を次々と獲得、穴が開いたポジションに実績のある選手をトレードでもってくるなど、優れた手腕を発揮した。
根本陸夫によってソフトバンクに招聘された王貞治氏も、監督を引退後は球団のマネジメントに手腕を発揮しているように思う。多くの選手がMLBに移籍し、トレードやFAなどでチームを去る中で、有望な選手をうまく獲得し、チームのリニューアルに貢献している。

共通しているのは、二人とも自身の地位が安泰で、クビを気にすることなく中長期的なプランが立てられたこと。そして監督との関係が良好で、チームとの一体感があったことではないか。また、監督の采配には一切口を出さないという賢明さも共通していると思う(千葉ロッテのGMをした広岡達朗氏はそういう部分が欠けていたと思う)。
日本ハムの高田GMもそれなりの働きをしているように思う。

阪神は中村勝広をGMに起用する予定であると言われる。この人は阪神の生え抜きであり、監督経験もある。また同じ関西の球団であるオリックスでGMの経験がある。こうした理由によって、この人に白羽の矢を立てようとしているのだろう。
中村勝広がGMを務めた2年と監督になった1年のオリックスの成績。

K-NakamuraGM




打撃に偏って投手力が弱体だったチームの補強にある程度成功はしている。しかし、現場、監督との関係は良好だったとはいえない。

2005年にはすでに名将として名高かった仰木彬を監督に起用したが1年で勇退され、翌年は自身が現場に降りて監督をすることになった。

GM、監督としての評価は、率直に言って高いとはいえない。手腕は未知数と言うより、現時点では低いということになろう。

それ以上に懸念されるのは、GMという仕事はすぐには成果が出ないと言うことだ。根本陸夫にしても西武、ダイエーともに、就任した当初はチームが低迷した。GMによるチーム立て直しのカギは、生え抜き主力選手の育成だ。少なくとも5年以上継続して努力しない限り、成果は見えてこないのだ。

今の阪神に、中村勝広に5年間、チームを預ける度量があるとは思えない。他の球団でも、GM制度がうまく機能している例は少ないのだが、阪神の場合、不振の責任を取って詰め腹を切らせる役割として、経営陣に累が及ばぬための防波堤として、据え付けられる可能性が高いのではないか。