時間差鑑賞だんなので、軽い雑感をば。まずはユナイテッドのスタメンから。
 
 
 
 アーセナルからロビン・ファン・ペルシーが加入しスタメンが危ういという見方もある中で、スタメンはおろか3人の選手交代がありながらもフル出場達成というのはすごいです。サー・アレックス・ファーガソン御大が香川にどのような信頼を置いているか、この事実だけからも推測できます。
 
 チームとしては無得点で敗戦、ということで、その状況で「良い」「悪い」を言うことにどれほどの意味があるかっつーと微妙な部分もあるかもですが。香川1人を見れば決して悪いデキではなく、むしろユナイテッドの中では最もキレていた選手の1人でした。
 
 リオ・ファーディナンドら4選手が負傷欠場し、本来CHのキャリックとケガ明けのヴィディッチでCBを組んだユナイテッドですが、彼らのスピード不足が響き序盤からエバートンの攻勢にあう。スピード不足だけならまだしも、サイドバックの前あたりからフェライーニとイェラビッチという長身FWにロングボールを次々と入れられると、割とあっさり競り負けるキャリック。

 キャリックが競り負けるのはわりかし想定内でも、高さで勝負するヴィディッチもやはり完調ではなく、フェライーニに簡単に競り負けるシーンもあり、要するにバックラインはスピードもないし高さもない厳しい状態で。

 で、そういう状況なのでバックラインは何度もペナルティエリア内までポジションを下げ、その前のスペースをスコールズやクレバリーが埋めなくてはならず、トップのルーニー、香川との距離は開きがちになり、サポートも遅くなる時間が結構ありました。前半の序盤、なかなか香川にボールが入らなかったのはDFラインのバタつきが大きかったように思います。

 が、香川はその中でも徐々にボールタッチの回数を増やしていき、下がって顔を出してはたいてリズムを作ったり、得意の密集地帯で半身になって受けながらサイドに展開したりターンしてポゼッションを回復し、ウェルベックやルーニーに決定的なスルーパス出したり、うまくDFの寄せをいなして時間を作ったり、明らかに「違い」を見せました。

 やはり香川のボールタッチやボールを受ける前の予備動作、ファーストタッチの質というのはマンチェスター・ユナイテッドというビッグクラブにおいても「通用する/しない」というレベルではなく、チームの中でも高いレベルにあることが再確認できました。
 
 プレシーズンマッチの何試合かを見ていてもわかったことですが、足元の技術だけでなく個人戦術、どこにボールを置いてどこを見てどこに展開して自分はどう動くか、自分1人ではなくチームとしての数秒先の未来を見通す能力という部分において、例えばウェルベックやナニ、ベンチにいるヤングやベルバトフといったあたりより香川は優れているように思います。正直、見ていて「もう少し香川の意図を読めや!」ってイライラしたケースがあったので。

 サー・アレックス・ファーガソン監督も当然、そういう理由で香川をスタメンで起用し、最後まで残したんだと思います。この試合は敗れてしまい、いろいろ問題点もありますが、香川自身でいうと足場を少しは固めた試合だったのかなという気もします。

 ただ、もちろんユナイテッドというチーム単位では、この状況が良いわけではまったくなく。香川自身のプレーが悪くなかった、起点になったという話と矛盾するようですが、ルーニーと香川という1トップ1シャドーでは「高さ不足」という厳然たる弱点があり、今回のようにDFラインが押し上げられない、スコールズやクレバリーがそれに引っ張られビルドアップがやりづらくなる、という展開が続くなら、まずはポストになれるファン・ペルシーをファーストチョイスに置くことも考えられます。
 
 もっとも、仮にファン・ペルシー1トップとしてもその意図を組んで素早く展開する戦術眼において、香川を置いたほうが明らかにチームとしては機能すると思うので、そのあたりは今後まだまだ流動的なのかなと。何しろカカーのレンタル移籍加入といううわさも出ていますし、今香川ができることはとにかくアシストでも得点でもいい、目に見える実績を残すことですね。