皮を剥いたあとのニンニクの薄紫色とラインの美しさにインスピレーションを受けて作った陶器製の調味料入れが「Ajori」です。

photoAlquimia | Ajori
http://www.photoalquimia.com/ajori.html

ムービーは以下から。

これが皮を剥いたあとのニンニク。ピンクがかった薄紫色をしています。

Ajoriはそんなニンニクの形をした容器で、調味料や薬味を入れられるようになっています。陶器の下の方はうっすらと紫色。

パッケージはこんな感じ。

パッケージから出すとさらに布に包まれていて、このままプレゼントとしてに贈れそうです。

Ajoriは合計6つの陶器製の調味料ケースによって作られています。

中心の木材はなめらかな曲線を描いています。

デザイン画はこんな感じ。

容器には3種類あります。こちらがフタ付きのタイプ。

塩コショウ用の容器は3種類の中で一番小さなサイズ。

縦に長いタイプの容器はドレッシングを入れると良さそうです。

Ajoriは以下のように射出成形で作られます。

一つ一つの陶器を台の上に並べると、ニンニクの形に。

次に釉薬を塗って焼き上がった時に光沢がつくようにします。微妙な色合いでニンニクの質感を表現。

焼き上がりました。

さらに芯となる木材を植物のなめらかなフォルムに成形していきます。

完成。

サラダや肉料理、パスタなど、料理にひと味加える調味料をまとめて置いておくことができ便利なだけでなく、キッチンに飾っておいてもおしゃれです。

記事全文へ