1日の米経済紙「ウォール・ストリート・ジャーナル」によれば、米カリフォルニア北部地方裁判所は、29日、グーグルとサムスンが共同開発した「ギャラクシー・ネクサス」に販売禁止仮処分の判決を下した。同製品が特許を侵害したとされるアップルの主張を受け入れた格好だ。アップルはSIRI、データ・タッピング、スライド・ロック解除、文字自動修正機能の4項目の特許を主張し、裁判所はそのうちSIRI機能について特許侵害を認めた。