TVアニメ『ゆるゆり』、作品を彩った歌で第1期を締めくくる! ライブイベント「七森中♪うたがっせん」

写真拡大

2011年7月より放送され、2012年7月より第2期シリーズがスタートするTVアニメ『ゆるゆり』より、第1期の総決算であり、第2期の幕開けを飾るライブイベント「七森中♪うたがっせん」が2012年6月17日、神奈川県横浜市のパシフィコ横浜 国立大ホールにて開催された。

昨年10月に行われた「七森中♪りさいたる」から半年以上を経て開催された「七森中♪うたがっせん」は、まさにファン待望のライブイベント。

昼の部、夜の部の2回公演で行われたが、いずれの回も5,000人近くのファンが集結し、熱い声援を送った。

ここでは、その模様をダイジェストで紹介していこう。

放課後を告げる終業の鐘の音が響く会場。

「ゆりゆららららゆるゆり大事件」の調べとともにステージの幕が開き、「七森中☆ごらく部」のメンバーである赤座あかり役の三上枝織、歳納京子役の大坪由佳、船見結衣役の津田美波、そして吉川ちなつ役の大久保瑠美の4人が姿を現す。

「よっしゃ、いくぞー♪」の声とともに4色のサイリウムで埋め尽くされる客席。

「七森中♪うたがっせん」の幕は、第1期オープニングテーマ「ゆりゆららららゆるゆり大事件」で切って落とされた。

ごらく部の4人の歌声に、客席も息のあったコールで応える。

そして2コーラス目には杉浦綾乃役の藤田咲、大室櫻子役の加藤英美里、古谷向日葵役の三森すずこがステージに合流。

さらにミラクるん役の竹達彩奈がミラクるんステッキを片手に、きゃるる〜ん♪と華麗に参上すると、客席のボルテージも一気に最高潮に達する。

ステージに残ったごらく部の4人は、「ごらく部、愛と勇気と希望と友情のテーマ」「ゆるゆりI♥U」を立て続けに披露し、ここであらためての自己紹介タイム。

観客とのコール&レスポンスを楽しんで、ステージをいったん後にする。

続いてステージを飾ったのはミラクるん役の竹達彩奈。

客前では初披露となる「ミラクる〜ん♪」で会場を盛り上げる。

今回の「七森中♪うたがっせん」は、事前の予告どおり、キャラクターソングCDのカップリング曲もきっちりと披露されるのがポイント。

ここからはキャラソンのターンとばかりに、三森すずこが「Day by day」、加藤英美里が「365コ」、そして藤田咲が「片想い授業中」を立て続けに熱唱する。

そしてミラクルん&生徒会3人がステージに集まり、ごらく部と同様、自己紹介とコール&レスポンスで会場を盛り上げる。

生徒会には負けていられないとばかり、ごらく部からはまず三上枝織が登場。

「私、主役の赤座あかりです」のイントロが流れるだけで、会場は大きな歓声と笑顔で包まれる。

そして前回、スタンドマイクでイケメンぶりを発揮した津田美波だったが、今回のステージはハンドマイクでの「ごゆるりワールド」でイケメンぶりを見せつける。

そして大坪由佳が「ミラクるゆるくる1・2・3」を自由奔放に、大久保瑠美が「まるごと!」を恋する乙女全開で歌い上げる。

ステージ上のスクリーンに映し出される花火の演出。

ステージには第4話の花火回をイメージした浴衣風のステージ衣装を身につけた大坪由佳と藤田咲が登場する。

今回のライブの注目ポイントはデュエットソング。

その中でも「Miracle Duet」は、大坪&藤田のため、このライブ用の楽曲として用意されたデュエットソングだ。

浴衣風の衣装に加え、藤田が大坪の誕生日にプレゼントしたという、おそろいの髪飾りも可愛らしさを演出する。

ここでふたたび出演者全員がステージに登場。

今回のライブに残念ながら参戦できなかった池田千歳役の豊崎愛生から届いたビデオメッセージが上映される。そして、豊崎からの紹介で、千歳の妹である千鶴役を演じる倉口桃がステージに登場。