先頃行われた、AKB48「第4回選抜総選挙」で、(第2回総選挙以来の)第1位に返り咲き、センターポジションを奪還した大島優子。SEX診断チャートの数値はどれも高く、エロさという点でもAKB48のメンバーの中でもトップクラスだ。

 目鼻立ちが大きく、エネルギッシュな女相で、大きな口に大きな門歯、張ったエラ、金甲(小鼻)の発達した横幅のある鼻と、絶倫相が揃っている。今は仕事に向けられている精力だが、これがセックスに向けば一晩で二交、三交は当たり前。男一人で間に合わなければ二股、三股も…。【絶倫度】は満点の「5」だ。
 女相の下瞼のサヤエンドウ形の膨らみ(涙堂・臥蚕)は別名「フェロモンタンク」。彼女はココが見事なまでに膨らんでいて、性感は十分に開き、欲情も充満。上唇が薄く下唇が厚いので、ベッドでは男に甘え、受け身の性戯で燃え上がる。【淫乱度】は高く「4」。
 眉間が広く、目と目の間も広くて、さらに長いエクボに八重歯と、おだてに弱く、誘惑に乗せられやすい相もズラリ。【尻軽度】も「4」と高めだ。
 耳の穴の下にある溝を観ると、左耳は平凡なものの右耳は狭くて深い名器耳だ。口元の肉付きは標準レベル。【名器度】は「3」だ。
 彼女は、下瞼のラインが目尻で上がるあげまん相。眉も吊り上がらず、小鼻の張りもよくて【あげまん度】は高い。もっとも、大きな口と張ったエラなどマイナス要素もあって、相殺して「3」となった。

 彼女は丸目で、目頭に切れ込みがなく、惚れっぽいところがあってあけっぴろげ。好きな男ができると表情や態度に出る。発火点が低いので、たやすく燃え上がって夢中になる。
 一方、長く大きな鼻で鼻孔が正面から覗かず、自我のしっかりした現実家の一面もある。年令の割に法令線が深いところからも、プロ意識の高さがうかがえる。目の光に余計な艶や媚が感じられないので、今のところエロ面での「お転婆」ぶりは抑えられている。
 しかし、相学的には好ライバルだった前田敦子が「無事に」卒業していったのとは対照的に、大島優子は今後、男関係で噂やスキャンダルが浮上する可能性が高いと観る。
 「恋愛禁止」が建前のAKB48だから周囲は必死でもみ消すだろうが、彼女の旺盛なセックスエネルギーが、いつまでもセックス以外のことでスッキリ発散できるとは考えにくい。
 しかも、彼女の下唇には左端に死にボクロがあり、これは色難相。甘え上手が災いして、「なんでこんな男と…」というような男と浮名を流したり、男のペースに巻き込まれて評判を落としたり、といった暗示がある。
 口相、鼻相、顎相など、生活力と強運の揃った女相なので、AKBから巣立っても芸能界で生きていけるだろう。次の総選挙までにひと波乱あるだろうか…。

【劉飛昶プロフィール】
劉飛昶(リュウ・ヒチョウ) 観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。