広大なハンフォードサイト。手前はコロンビア川

写真拡大 (全10枚)

民主主義が実現できない国に運営する資格はない

 広島と長崎に投下された原爆により日本は世界で唯一の被爆国となり深刻な放射能汚染にさらされた。しかし、その原爆を作った米国でも原爆の製造過程で大変な放射能汚染を引き起こし、いまだに環境破壊に苦しんでいることは日本ではあまり知られていない。

砂漠に吸い込まれ続けている年間2400億円のお金

今週のランキング
順位 タイトル
1 商社マンの丹羽宇一郎氏を中国大使にしてはいけなかった
2 社員を幸せにすれば企業は成長し繁栄する
3 「若者切捨て」に合意した民主、自民、公明
4 日本の産業空洞化:どれほど深刻か?
5 ロシアが誇る最新鋭ジェット旅客機が墜落
6 歴史的な投票となるか、再選挙直前のアテネ
7 黄金期が終わった中国の不動産市場
8 鈴木宗男事件で遠ざかった北方領土問題の解決
9 韓国の人口、5000万人突破
10 ムーアの法則が「家電」を破壊する
11 韓国サムスン、電撃的CEO交代の真相
12 FT記者の尖閣諸島同行記:領有権を主張する活動家
13 世界の携帯電話市場、ついにノキアが2位に転落
14 「死んだ経済」の中で生き残り図るギリシャ企業
15 中国領土への戦力投入を目指す米陸軍・海兵隊
16 ユーロ離脱:ギリシャの離婚騒動の行方
17 「中国の軍事力報告」の欠陥、アメリカは脅しに屈したのか
18 なぜ日本人は離婚しないのか、10の理由
19 ギリシャ救済、条件交渉の余地はごくわずか
20 欧州自動車産業:改革に抵抗してきたツケ

 原爆投下から67年経ったいまでも米国は莫大な予算を使って除染が行っているのだ。しかし、一度失われた環境を元に戻す戦いに終わりは見えていない。

 米ワシントン州リッチランド。

 イチロー選手や岩隈久志選手が活躍するマリナーズ球団の本拠地があるシアトルから車を飛ばして約3時間。雨の多いシアトルとは打って変わって乾燥した大地が続くなかに小さな町が突然現れる。

 この町こ隣接した広さ586平方マイル(1518平方キロ)の荒涼とした敷地はハンフォードサイトと呼ばれている。

 世界で初めてここに作られた原子炉からプルトニウムが取り出され、カリフォルニア州にあるローレンス・リバモア国立研究所に送られて世界初の原子爆弾が製造され、まもなく長崎に投下された。

 第2次世界大戦中から東西冷戦期にかけて米国における核兵器製造の一大拠点となった場所である。最盛期には原爆用に9つの原子炉が稼働していた。

 旧ソ連のチェルノブイリ原子力発電所事故を機に、ハンフォードサイトの核兵器製造用原子炉はすべて運転を停止した。

 しかし稼働停止から25年が経ったいまでもここでは約1万人が働いている。

 同サイト内に捨てられた放射性廃棄物から出続けている放射能の除染作業をするためである。また、約4500人が米エネルギー省の研究所で除染技術の研究や環境や人体への影響調査などを行っている。

 除染にかかる費用は年間で20億ドル(約1600億円)。さらに国立研究所の研究費用として10億ドル(800億円)の合計30億ドル(約2400億円)が国家予算として毎年計上され、この荒涼とした土地に注ぎ込まれているのだ。

除染に必要なお金は10兆円以上

 その除染作業は最低でもあと30年は続くと見られている。つまり、いままでの25年間とこれからの30年の55年間分を単純に足し合わせれば除染に関連する費用は1650億ドルにも及ぶ。

 現在の円高水準で換算するのがいいのか疑問だが、素直に円に直せば約13兆2000億円。

 ハンフォードサイトの除染という一部だけを取ってみても、放射能汚染が我々人間にもたらす負の影響の大きさが分かるだろう。

 翻って日本。福島第一原子力発電所の事故で環境に放出された放射性物質の量は、幸いにも米国のハンフォードサイトよりも少ないと言われている。

 しかし、ハンフォードサイトの気候が安定して雨がほとんど降らず、延々と広い台地が続く地形であるのに対して、福島は山あり谷あり、台風も来るし森林も多く農地とも隣接している。

 そうした除染の難しさや今後も原子炉から新たな放射性物質が放出される危険性を考慮に入れれば、除染に世界で最もお金を使っているハンフォードサイトと同等かそれ以上の費用がかかると考えてもおかしくない。

 福島第一原発をどう収束させるか、その後始末の全貌どころか方向性すら見えない。また従来の原発の安全性管理について問題点が次々と指摘されている。

 そうした中で従来の基準だけを頼りに原発を次々と再稼働させることを決めた政府民主党と野田佳彦首相。消費税増税の3党談合も同じだが、民主主義国家としての大切な手続きを完全に無視していると言わざるを得ない。

 人間の生き方は様々である。意見に違いがあって当然だ。だからこそ徹底的に話し合い、妥協点を見つけて先へ進んで行く。民主主義とはこうした手続きの繰り返しではないのか。

 ハンフォードサイトにあるパシフィック・ウエスト国立研究所でチーフサイエンティストを務める大西康夫・米ワシントン州立大学教授は、放射能に関する環境問題の世界的権威である。チェルノブイリ原発や日本の福島にも何度となく足を運んでいる。

政府への不信感が処理コストを爆発的に膨らます

 その大西教授は言う。

 「チェルノブイリで人類が学んだことは2つあります。1つは政府が国民から信頼されていなければならないこと」

 「もう1つが技術の専門家が中心になって対応策を練り上げるべきだという点です。それなしでは、いくらお金を投入しても効果的な対策は打てない」

 民主主義の手続きを無視した政府を待っているのは、国民からの不信である。もし日本に原発が必要だと考えているとしたら、政治家として最も愚かな手を打ったことになる。

 原発の優れた面がいくらあったとしても、国民の不信の前ではすべてがクロになる。本当に必要なら徹底した議論が必要なのだ。好例が実はハンフォードサイトにある。

 ハンフォードサイトには1基だけ稼働している原子炉がある。エネジー・ノースウエスト社の原子力発電所である。

 そして今年6月、地元では新たに最新鋭の小型原発の誘致を米エネルギー省のスティーブン・チュー長官に対して申請したという。

 深刻な環境被害に遭った同地域の住民には原発反対派も多い。それなのに、住民の要望としてなぜ新たな原発の誘致に踏み切ったのか。

 それは、「原発賛成派も反対派も徹底的に議論して出てきた結論なのです」と大西教授は話す。国が建設を推進しているのではない。

 米政府が多額の資金を注ぎ込んできたハンフォードサイトには、放射能からの環境改善に関する知恵と人材が集まっている。いまでは単位住人当たりの博士号保持者の割合で、米シリコンバレーにあるサンノゼ市にトップの座を譲っているそうだが、かつてはここが一番だったそうだ。

賛成派と反対派が議論の末、原発を誘致

 しかし、ハンフォードサイトの環境改善が進むにつれて、少しずつそうした優秀な人材が離れつつある。それは町の衰退を意味する。

 そこで、最先端の原発を誘致することで、優れた研究者・技術者をつなぎとめ、地元大学の知的レベルを高めて地域全体の経済活性化を目指そうというわけである。

 そうした施策を国が上から押し付けて推進するのではなく、地元住人が侃々諤諤の議論の末に決めていることが重要なのである。

 大西教授は言う。

 「米国ではこの世に絶対的なものがあるとすればそれは神様だけで、原発にしろ何にしろ、事故を起こす危険性があるという前提でプランを立てます」

 「もし事故が起きた場合にはどのように住民を避難させ、放射能をどう封じ込めていくか。そのプランを徹底的に練り上げてから前に進む」

 首相の判断と責任において、というような曖昧模糊とした原発再稼働など民主主義の国にはあり得ないのだ。一度汚染されれば、取り返しのつかない環境破壊が起きる。それは福島でいやというほど経験した。

 その失敗に学ばない国に、原子力を扱う高い技術はあっても、そもそもそれを利用する資格はないのではないだろうか。

 さて、米国のワシントン州にはもう1つ原発の“モニュメント”がある。ハンフォードサイトはワシントン州に暮らす人ならほとんど知っているが、サットソップを知っている人はほとんどいない。

建設途中で中止になった原発

 ここは、原発の建設が進められながら、激しい住民の反発に遭い、原発を誘致した町の公債がディフォルトするという事態を経て、建設半ばで放棄された施設だ。

 福島第一原発と同じタイプの原発が2基作られる計画だったが、1基はほぼ完成、2基目は発電に使われた熱水を冷やすクーリングタワーの建設はほぼ終わっているものの、原子炉の建屋は外壁だけが完成間近の無残な姿をさらしている。

 1982年に公債がディフォルト、その後、サットッソップに設備を納入するはずだった米ゼネラル・エレクトリックが作ったオレゴン州の原発が、膨らんだメンテナンスコストに比べて電力収入が十分得られないなどの理由で原発の廃棄を決めたことをきっかけに94年、サットソップでも原発建設が完全に放棄された。

 しかし、建屋は壊されることなく、ビジネスパークとして再利用されつつある。頑丈な原発の建屋を企業に利用してもらおうというのだ。

 例えば、原子炉建屋では、米航空宇宙局(NASA)の研究者だった人たちが、音響関連の施設を作っていた。

 また、原子炉とならぶ発電所の心臓部、タービン建屋には、巨大なクレーンが設置されていることもあり、ボイラーのタンクや圧力容器を製造する企業の工場として利用されている。

 クーリングタワーは見かけが最も立派ながら再利用はなかなか難しい。

 このサイトを案内してくれたサットソップ・ビジネスパークのネイサン・フーバーさんは「2基のうちほぼ完成した方は、クーリングタワーの下部にある巨大な水槽を利用していくつかの企業が様々な実験を行っています」と言う。

 また、水槽が完成していない方のクーリングタワーでは、独特な形をしているために面白い音響効果が得られることを利用して、企業がコマーシャルの撮影などに使っているという。

 「ドッジ(クライスラーの1ブランド)がここでコマーシャルを撮影したことがあります。エンジン音が壁に何度も跳ね返って、ほかでは決して得られないエコーの効いた音になる。ピックアップトラックは独特の低音が魅力ですから、それを強調したかったのでしょう」とフーバーさん。

 このほか、地元のハイスクールなどがコンサートを開いたりしているという。確かに、クーリングタワーの中央部分に行って手を叩くと、その音が何十回となく跳ね返って、幻想的な雰囲気になる。

 「拳銃を発射したこともありますが、何十丁もの拳銃を一斉に発射したような音がしました」とフーバーさん。そうした説明のあと、福島について次のように付け加えた。

 「ここは福島と同じ形の原発ができるはずでしたが完成はしなかった。福島であのような事故が起きてしまい、原子力技術を日本に伝えた国の人間としてとても恥ずかしく思います」

 ハンフォードサイトやサットソップについては別の機会に改めて詳しくご紹介したいと思っている。なお、今回の取材は、シアトルにある北米報知の佐々木志峰・編集長の協力で実現した。

筆者:川嶋 諭
■関連記事
日韓関係に深く刺さったトゲ「竹島問題」
「国民生活を守る」という皮相な大義
安全性を求めて日本国債に殺到する外国人 - 英フィナンシャル・タイムズ紙