15日、中国国内からアドレスの末尾に「co.jp」がつく日本のウェブサイトへのアクセスができなくなっていた。原因は伝えられていないが、当局の規制によるものとみる人が多い。写真は当日のネットの状態。

写真拡大

2012年6月15日、中国国内からアドレスの末尾に「co.jp」がつく日本のウェブサイトへのアクセスができなくなっていた。末尾に「co.jp」を使用するのは日本の企業が多く、日本最大級のポータルサイト・ヤフーを始め、多くの日本企業へのアクセスが接続不可となった。原因は伝えられていないが、当局の規制によるものとみる人が多い。

【その他の写真】

17日、中国の有名ブロガーは接続トラブルについて、「さすが中国だな、co.jpのアクセスを不可にして多くの日本企業との接続を遮断した。国別コードのドメインが入ったアドレスへの接続が遮断されるなど、インターネット史上初のことだ」と皮肉交じりに意見を自身のマイクロブログに掲載した。(翻訳・編集/内山)