海外向けSIMフリーモデル「HTC One V T320e」を使ってみよう!写真で外観チェック【レビュー】


HTC製のコンパクトスマートフォン「HTC One V T320e」をチェック!

「HTC One V T320e」(以下、HTC One V)は、今年の2月27日にバルセロナ(スペイン)で開催された「Mobile World Congress 2012(MWC2012)」において、HTCがグローバルモデルの新製品「HTCOneシリーズ」として発表したモデルの1つ。3月27日にはHTC Nipponが、このHTC Oneシリーズの製品説明会を都内で開催しているが、日本向けには発売していない。

グローバル市場では4月に発売されているHTC One Vだが、ネット通販では販売価格が2万円台と既に大幅に値下がりしてきているので入手してみた。数回に渡ってこのHTC One Vのレビューを行っていく。まずは外観をチェックしてみる。

120608_htc_one_v_02_960
パッケージ表面(左)と裏面(右)

120608_htc_one_v_03_960
パッケージ裏面の表記

120608_htc_one_v_04_960
ご開帳

パッケージに記載されている仕様は以下の通り。
Model T320e
CPU 1GHz
Platform Android with HTC Sense
Memory 512MB RAM, Storage:4GB Total / up to 1.1GB Available
Display and sound 3.7-inch touch screen, Beats Audio support
Camera 5 megapixel camera, F2.0 28mm lens, auto focus, LED flash, 720p HD video recording
Connectivity 3.5mm stereo audio jack and microUSB, Bluetooth, Wi-Fi, GPS / GLONASS
Expansion slot microSD card

カラーはBlackで、HTCの本国である台湾製(Made in Taiwan)の記載もある。


120608_htc_one_v_05_960
本体および同梱品

ガイドブックらしきものが同梱されているが、全て英語表記となっており、筆者では歯が立たないのでスルーする。コンセントプラグとUSBケーブルが同梱されているが、コンセントプラグは日本で使えるものと形状が違うのでこれもスルー。ただし、渡航する際は別途用意しなくても持っていくと使えるので便利だろう(多分アメリカとかで使えるもののはず=よくワカリマセン)。さらに、HTCのロゴが入ったイヤホンマイクも同梱する。 Beats Audio(ビーツ・オーディオ)のイヤホンでもなく、特に電話としても使わないのでこちらもスルーし、そっと箱の中にしまっておく。


120608_htc_one_v_06_960
本体正面(左)と背面(右)

本体サイズは幅59.7×高さ120.3×厚み9.2mm、重量は115g、ディスプレイは3.7インチのTFT液晶で解像度は480×800ドットとなる。コンパクトで軽量、片手で操作しやすく、手にも馴染みやすいサイズ。

CPUは1GHzのシングルコア(Qualcomm Scorpion)、GPUはQualcomm Adreno 205、ROMが4GB、RAMは512MBの本体メモリを搭載している。

Androidのバージョンは4.0.3(開発コード名:IceCream Sandwich;ICS)を採用し、独自UIのHTC Senseはバージョン4.0を搭載。スペック上はローエンドからミドルエンドユーザー向けと言えるモデルだ。


120608_htc_one_v_07_960
本体向かって左側面(画像上)と右側面(画像下)

120608_htc_one_v_08_960
本体向かって上部側面(画像上)と下部側面(画像下)

本体左側面にはmicroUSB端子を、右側面には上下キーを備える。本体上部側面には3.5mmのイヤホンジャックと電源キー、下部側面にはマイクを搭載している。


120608_htc_one_v_09_960
本体背面

国内で行った製品説明会ではブラウンが展示されていたため、ブラックの本体は初めて見たが想像を絶するカッコ良さだ。写真では伝わり難いのが残念。


120608_htc_one_v_10_960
背面のカメラ部分

背面のカメラは約500万画素のCMOS(裏面照射型)を搭載し、カメラモジュールの横にフォトライトを備える。画素数によるインパクトはないが、F値2.0という明るいレンズを搭載し、暗い場所でも明るく綺麗に撮影ができる。


120608_htc_one_v_11_960
背面の下部には Beats Audioのロゴとスピーカー

120608_htc_one_v_12_960
その部分のみがカバーとなっており外れる

背面下部のカバーを外すと、SIMスロットとmicroSDカードスロットが見える。microSDは最大32GBのmicroSDHCに対応し、SIMカードはmicroSIMではなく通常サイズのSIMカードが装着できる。

電池パックは内蔵タイプで、公式に発表されている電池パック容量は1500mAh。電池パックの交換できないが、フリーズした場合などは電源キーを長押下することで再起動ができる。


120608_htc_one_v_13_960
シャクレ!

デザイン面での最大の特長は、正面下部が手前にカーブを描いて出っ張っている(しゃくれている)部分だろう。筆者が持った際は小指が丁度このしゃくれた部分に乗り心地よく休めるため、勝手に“小指やすめ”と呼んでいるw

ディスプレイ直下にあるバック、ホーム、タスクキーを押す際もこの出っ張り部分があるため押しやすく、背面の質感もHTCならではのマットな仕上がり。SIMフリーモデルのためキャリア(通信事業者)のロゴも入っていない。



HTC One V First look

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
HTCの新グローバル端末「HTC One」シリーズ3機種を実際に触ってみた「HTC One V編」【レポート】 - S-MAX - ライブドアブログ
HTC Nippon、グローバルモデル「HTC One」シリーズの説明会を開催!日本への投入やKDDIとの協業については言及せず - S-MAX - ライブドアブログ
HTC、Android 4.0 ICS搭載「HTC Oneシリーズ」を4機種発表!One X、One XL、One S、One Vが登場 - S-MAX - ライブドアブログ
【最近のオススメ「Androidアプリ」特集:2012年6月4〜10日編】 - S-MAX - ライブドアブログ
HTC One V Product Overview(HTC Corporation.)
HTC 日本