第4回AKB48選抜総選挙の投票速報が23日に発表され、途中経過を知ったメンバーの胸のうちも複雑だろう。テレビ番組でも彼女たちのコメントを耳にするが、お互いを気遣ってか言葉は少ない。そんな中で『たけしのニッポンのミカタ!』に出演した峯岸みなみは、総選挙についてかなり突っ込んだ話を聞かせてくれた。

今回のAKB48選抜総選挙は22日から投票が開始され、6月5日午後3時に締め切られる。23日に速報が発表されたが、まだ逆転劇が起こる可能性は十分にあるのだ。

5月25日の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)へ出演するAKB48メンバーに、番組MCの竹内由恵アナが本番前のコーナー“ミニステ”で総選挙について心境を尋ねた。

速報で上位となったメンバーが語る中、今回は不出馬の前田敦子が「みんなと一緒にすごくドキドキしています」と話しており、昨年までとは違った形での緊張を感じているようだ。

同日に放送された『たけしのニッポンのミカタ!』(テレビ東京系)では、AKBから峯岸みなみがゲスト出演して“ランキング”のテーマでトークに参加した。

ランキング決定イベントともいえるAKB総選挙について「大変だろう」と問われた峯岸は、「実は、総選挙で自分でできることは少ない」と答えた。「ブログをまめに更新するとか、できることをやるしかない」という。

メインMCのビートたけしが、冗談なのか真剣なのか「ブログにヌード写真載せたりはダメなの?」と問うと「そんな卑劣な人はいません」と峯岸も即座に返した。それに対して、お笑い芸人の土田晃之が「それもひとつの手じゃないの?」とこだわると、峯岸は「え、そうですか?」と意外なようだったが「アイドルとしての枠はありますけど」とやはりお断りしたのだ。

AKB総選挙の話をうけて、ジャニーズアイドルでもある国分太一が「デビューした頃は『一番人気になりたい!』と思ったが、今は一切無い」という。彼は「外見だけカッコつけて生きていた頃に比べると“超、楽ですよ!”」と嬉しそうに語った。さらに土田も、「“おもしろいと思われたい”という鎧でいっぱいだった時の俺は“超つまんなかった”」と明かしたのである。

芸能界の先輩から本音を聞かされた峯岸は、うらやましそうに「いいですね〜、早く脱ぎたいです〜」と口にしてしまう。一瞬とまどった空気に気づいた彼女は「いえ、がんじがらめの鎧をですね」と言葉を加えていた。日ごろから「AKBはいつまでもつか分からない」と将来の不安を公言する彼女だけに、“鎧を脱いで”のびのびとしている先輩の姿が本当にうらやましかったのだろう。

そんな峯岸みなみは速報での順位は15位となっており、善戦といえそうだ。5位の高橋みなみは『Mステ』で総選挙について「秋元(康)さんは“お祭り”だと言ってくれるので、票は関係なく楽しめたらいいと思う」と語っていた。メンバーやファンも“鎧を脱げば”そんな理想も叶うかもしれない。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)