「ゴールドシップを負かすとすれば、ジャスタウェイ。秋山騎手とのコンビは恋愛できるくらい相性がいい」と語るゲッターズ飯田氏

写真拡大

 昔から「最も運がいい馬が勝つ」といわれる日本ダービー(GI)。ならば当日、最も運がいい馬はどれなのか? 競馬はド素人という人気占い作家のゲッターズ飯田氏に競馬の祭典・日本ダービーを文字どおり占ってもらった。


***

―占い師vs競馬の祭典。非常に興味深い異種格闘技戦です。

飯田 15年ぐらい占いをやってますが、さすがに馬を占うのは初めてです。馬に運があるのかどうかわかりませんが(笑)、とりあえず出走全馬、全騎手の生年月日から、ダービー当日、最も運気がいい「馬」と「騎手」、さらに「馬と騎手の相性」を出してみました。とはいえ競馬はド素人で、いったい、この3つのどれを重視すればいいのかよくわかりませんが(苦笑)、それらを総合して予想の印をつけました。

―と言いながらも、しっかり人気のゴールドシップに◎をつけてるじゃないですか。

飯田 あっ、この馬強いんですか。当日の運気は出走予定全馬のうち一番で、騎乗する内田博幸騎手の運気も全騎手の中で最高です。内田博騎手はバカみたいに運がいい人ですね。今まで運だけできてますね。こんな人も珍しい。

―……いえいえ、内田博騎手は地方競馬出身で、通算3000勝以上の大ベテラン。運だけなんてことはゼッタイありません。

飯田 あくまで運勢の話です。とにかく感覚と運と瞬発力がスゴい。勝負どころの勘がものすごくよいのでバクチ向きです。当日、内田博騎手がピンクかオレンジの枠に入ったら一層、力が出せると思います。チョコを食べたらさらに勝率が上がります。

―となると、皐月賞(GI)に続いて二冠達成濃厚?

飯田 ただ、実はゴールドシップと内田博騎手の相性がよくないんです。安定性がないというか、長続きしないというか。人間ならば、「結婚はまず失敗するからやめなさい」と言いたい相性です。この相性の悪さがどう転ぶか……。他馬にも付け入るスキがあるかもしれません。逆転があるとすると……ジャスタウェイですかね。

―かなりの大穴ですよ!

飯田 馬、騎手、それぞれ個別の運気もいいんですが、さらに馬と騎手との相性が抜群で出走全馬の中で一番です。このコンビは似た者同士なので息が合うし、一緒にいると運気が固まる。さらに秋山真一郎騎手は当日、「一発逆転」の運勢が出てますので、ゴールドシップを負かすとするとこの馬かもしれません。

―秋山騎手は騎乗予定だったカレンブラックヒルが出走を回避したところ、自ら申し出てジャスタウェイ騎乗が決まったんですが、これは大正解だと。

飯田 実はカレンブラックヒルとの相性はさらによかったので、出走回避は本当に残念です。まさに運命の相手ともいえるコンビで、人間だったら結婚してもおかしくない相手。秋山騎手にとっては自分の運命を変えるような相手と出ているので、今後もこのコンビには注目です。

―3番手にディープブリランテ。皐月賞3着馬ですが、今回は少し人気を落としそうです。

飯田 ディープブリランテはこの日、午後から運気が上昇。「新しい結果が出る」「前に進む」と出ていますし、岩田康誠騎手の当日の運気も非常にいいので、ひょっとしたらハネるかもしれません。接戦に強い運勢なので、競り合いになれば勝機が出てきそうです。

―続く4、5番手には、コスモオオゾラ、ブライトラインと人気薄の指名です。飯田 コスモオオゾラは「この日の遅めの時間から突然注目される」と出ているのと、柴田大知騎手の運勢がまずまずいい。ブライトラインはメチャクチャ頭がいい馬で、勝負運よりも頭のよさで勝つタイプです。「ものまね上手」と出ているので、GIレースを勝った馬のVTRなんかを馬に見せてあげたら勝つかもしれません。