人気アクションフィギュア『武装神姫』、TVアニメ化決定!

写真拡大

KONAMIから2006年より発売され人気を博しているアクションフィギュアシリーズ「武装神姫」がついにTVアニメ化。

監督は、『マクロスF』『IS〈インフィニット・ストラトス〉』を手掛けた菊地康仁氏、アニメーション制作も『IS』のエイトビットが担当する。

第三次世界大戦もなく、宇宙人の襲来もなかった、現代からつながる当たり前の未来。

その世界ではロボットが日常的に存在し、様々な場面で活躍していた。

神姫とは、人間の補佐をするために作られた全高15センチの可愛いパートナー。

知性と感情を備え、マスターである人間に尽くし、仕える。

その神姫に人々は、思い思いの武器・装甲を装備させ、戦わせた。

名誉のために、強さの証明のために、あるいはただ勝利のために。

マスターに従い、武装して戦いに赴く彼女らを人は、《武装神姫》と呼ぶ。

高校1年生の少年・理人に仕える、神姫のアン、アイネス、レーネ。

そこに好戦的な神姫のストラーフが加わって......。

何事にも一生懸命な神姫達の生活を描いた日常系バトルストーリーが始まる!監督・菊地康仁氏、アニメーション制作・エイトビットに加え、シリーズ構成を『まりあ†ほりっく』の横谷昌宏氏、キャラクターデザインを『魔法少女まどか☆マギカ』の岸田隆宏氏、キャラクターデザイン・総作画監督を『青の祓魔師』の作画監督である江畑諒真氏が務めるなど、豪華スタッフ陣が魅力の作品となっている。

■アン「天使型アーンヴァルMk.2」と呼ばれる神姫。

しっかり者で真面目で心優しい性格だが、おっちょこちょいな面も持つ。

他の神姫よりも長くマスター・理人のもとにいるので、理人からの信頼も厚い神姫。

■ストラーフ「悪魔型ストラーフMk.2」と呼ばれる神姫。

非常にクールな性格で、戦闘を好む。

アンやアイネス、レーネとの距離を置き、他人を寄せ付けない雰囲気を持つ。

ある日、モニターとして理人の家に送られてきた。

■アイネス「戦乙女型アルトアイネス」と呼ばれる神姫。

アルトレーネの姉妹機でもある。

ボーイッシュな雰囲気の外見だが、アンと理人の関係に嫉妬する可愛い一面も持ち合わせる、ボクっ娘な神姫。

■レーネ「戦乙女型アルトレーネ」と呼ばれる神姫。

アルトアイネスの姉妹機でもある。

素直でマイペース、やや天然な性格。マスターのために一生懸命頑張るが、ズレた知識で思わぬ結果に繋がることもしばしば。