5周年を迎える「ニコニコ動画」の新サービス先行発表会 - 新機能が続々登場

写真拡大

4月26日、ドワンゴは、「ニコニコ動画」の新サービス先行記者発表会を六本木の二コファーレにて開催した。

本イベントは、開設5周年を迎え変化する「ニコニコ動画」”Zero”の今後の展望や、新たに始まる新サービスについて、さらに、4月28日・29日に千葉・幕張メッセの国際展示場で開催される巨大フェス「ニコニコ超会議」を開催する意図についても発表された。

このほか、マラソン選手・藤原新氏のニコニコ超会議での取り組みについてや、「ニコニコ超会議」にて放映される、中川翔子主演映画の「マギカ調べ」の先行試写会も行われるという、盛りだくさんの内容だったが、数ある発表の中でも、とくに注目したい大きなトピックをレポートしていこう。

藤原新選手の活動費を2万人が寄附!まず、注目のトピックスとして紹介されたのが、ロンドンオリンピックに出場するマラソン選手・藤原新氏の活動費をみんなで寄附しようという企画。

ニコニコ動画で、「藤原氏のためにスポンサーとして500円を使ってもいい」という人を集ったら、2万人がすぐに集まったという。

これは、一つのきっかけであり、アーティストを含めた様々な人を応援するソーシャルファンディングやクラウドファンディングのプラットフォームにニコニコ動画がなっていく可能性を秘めているため、今後、強化していきたいという。

さらに、藤原選手から感謝の気持ちを込めて、幕張メッセの「ニコニコ超パーティー」に走ってくるという企画も発表された。

万が一、歩いてしまった場合や電車に乗った場合も、そのまま放送される。

「ニコニコ動画 Zero」にバージョンアップニコニコ動画は現在、20代の75%、つまり20代の4人に3人がニコニコ動画のユーザーであり、10代後半〜30代の中では圧倒的なメディアになっている。

これまで、10回バージョンアップをしているが、今回は「限定回帰」をテーマに、デザインを一新。

「ニコニコ動画(原宿)」から、「ニコニコ動画Zero」にバージョンアップすることが発表された。

ロゴが変わってトップページがグッと今風になったほか、視聴動画がより大きく、動画切り替えが高速になり、タグがリアルタイムで変更できる、動画を見ながら動画を探せる、リアルタイムにニコ生コメントが出現するなどの機能もバージョンアップ。

今話題の生放送がわかる「新ランキング」もでき、ランキングは一分間ごとに更新され、生放送がランクインすると視聴ページにリアルタイムで通知されるなどの楽しい機能も、盛りだくさんだ。

ブームの予感!皆でニコニコできる新機能「ニコる」さらに、新機能の一つとして発表されたのが「ニコる」機能。

「センスあるコメントが来た!」「おしゃれなタグだ!」といったちょっとした発見をしたときに、「ニコる」マークをクリックするというもの。

フェイスブックの「イイね!」ボタンを視覚的にやってしまおうという試みで、かなり流行るのではと期待しているのは川上会長だ。

「ニコる」ボタンを押すと、笑顔のニコちゃんマークが出てくるが、クリックして横になると、「ニコる」という文字になる。

これは生理的に快感があり、ドワンゴ社内でも好評だという。

さらに、”ニコった”履歴は残るようになっていて、「この動画は何ニコあった」「誰がニコった」などがわかるようになるという。

投稿された音楽をみんなで聞けるNsenニコニコ動画に投稿された音楽をみんなで聴きましょう、という新サービスがNsen。

ちょっとロゴを変えると、あるラジオ局を彷彿させるネーミングだが、リクエストコーナーなどもあり、ラジオのような放送をインターネットでやってしまおうという試み。