コリンチャンスは彼を追い出した。だが、アキレス腱の手術で再び数か月離脱することになったにもかかわらず、FWアドリアーノは大きな夢を見続けている。野心的な夢だ。まずはフラメンゴと契約し、そしてブラジル代表に復帰するというものである。ブラジル『TVグローボ』の番組のインタビューで明かした。

まず、アドリアーノはコリンチャンス退団について話している。コリンチャンスについてすでに損害賠償請求を始めたことを明かした一方で、プロ意識を欠いたことも認めた。コリンチャンスによると、アドリアーノは67回も規律違反があり、大半のフィジカルトレーニングを欠席したという。だが、アドリアーノは「僕は常に事前に知らせていた」と主張した。

アドリアーノは自らの振る舞いにより、コリンチャンスから「罰せられた」と述べ、ときには「少し辱められた」とも感じたと語った。一方で、ナイトライフやアルコールについては、「友達と一緒にいるときは、飲むのが好きだ。でも、すべての選手が飲んでいるよ。これはミステリーでもなんでもない」と述べている。

彼はまだ、プロサッカー選手としての未来を捨てたわけではなく、「僕は30歳だ。今引退したら、いつかそれを後悔するはずだよ」と語った。目標は2つ。フラメンゴでピッチに戻ること、そして何より、再びセレソンのユニフォームを着ることだ。できれば、2014年ブラジルワールドカップでそれを成し遂げたいという。アドリアーノは「それが僕の夢だ。最後まで追い続ける」と話した。