「彼らのホームで戦うのは決して簡単ではない」。インテルのアンドレア・ストラマッチョーニ監督は、22日のセリエA第34節フィオレンティーナ戦について、このように話している。

「相手は好調だ。順位は厳しいが、最近の試合でミランを下しており、パレルモともホームでソリッドなパフォーマンスを見せている。彼らは残留を確実にしたいと望んでいるだろう。彼らを倒すのは大変なはずだ」

「練習でインテルはうまくやっている。だが、ポジティブな雰囲気と意欲を試合でも具体化させなければいけない。良い準備をしてきた。熱意と集中がうまくミックスされている。私は勝利を求められた。3位浮上を目指したい。信じているよ。謙虚な姿勢を保ち、口数は少なくしよう。仕事して、仕事して、仕事するんだ。だが、我々は信じている」

「デリオ・ロッシ監督は私のような若い指揮官にとっての基準点であり、その彼は確実に完璧な準備をしてきたはずだ。とにかく、雰囲気の面でも難しい試合になるだろうね。ここ2試合のように、フィオレンティーナが3バックなら、さらに刺激的な試合になるかもしれない」

「私にとって、(ヴェスレイ・)スナイデルのような選手が問題になることはない。彼にはほかにない特長があるんだ。問題はスナイデルではなく、彼がどんな調子かだ。マイコン? おそらく、スナイデルより良いコンディションだろう。ただ、注意が必要だ。我々は再び彼らを失いたくはないと思っている。ドクターと一緒に検討するよ」

「これまで、私は常にベストメンバーを起用してきた。選手のプロフィールにとらわれずにね。(ハビエル・)サネッティを起用して結果を出せると考えれば、彼を起用する。(エステバン・)カンビアッソが出場するとしたら、それは彼が最高のMFだからだ。歴史をつくったから起用するというわけじゃない」