震災の爪痕がまだ残る東北の地に、優勝をもたらすのは、楽天の星野仙一監督(65)ではないようだ。
 「今、球界はあの人の影響力の大きさを再認識させられています。セ・リーグの予告先発制導入にしても、そうです。猛反対していたあの人がいなくなったから、議論が再開されたようなものです」(球界関係者)

 そう、“あの人”とは、前中日監督・落合博満氏(58)のことだ。8年間、指揮官を務めてリーグ優勝4回、日本一1回。Bクラスに落ちたことは一度もない。無愛想で、ファンサービスにも消極的なイメージが強かったが、実際は違う。東北・秋田県出身者として、東日本大震災の支援で、「もっとも尽力した野球人」でもあったのだ。
 「震災から10日と置かずに義援金サイトを開設し、中日監督を退いた今も復興支援を続けています。チャリティー試合として開催された昨年の球宴後、『(開催球場となった)仙台でやったら終わりなのか!? 来年、再来年とやることに意味があるんじゃないの?』と訴えました。今年、球宴会場が盛岡に決まったのも、落合さんのおかげです。震災支援への思いの熱さはアンチ落合も認めています」(同)

 その落合氏が低迷する“東北の球団”を救う日も、そう遠くはないようだ。
 というのも、星野監督に“闘将”と呼ばれていたころのパワーがなくなったという声が、球団の内外から聞こえるようになってきたのだ。
 「楽天は投打ともに不安材料を抱えています。昨季のチーム総得点432はリーグワーストタイ、同打率2割4分5厘、本塁打53は5位。西武からフェルナンデスが帰還しましたが、打線の核になる4番が見当たりません。先発陣は手薄で、阪神から戦力外になった下柳をアテにしなければならない状況です。クローザーも適任者がいませんしね」(某プロ野球解説者)

 今までの星野監督なら、大型補強で弱点を補い、オフの話題も独占していたはず。しかし今季は、そういった動きは全く見られなかった。「メジャーリーグの開幕に合わせ、マイナー落ちした投手を補強する」(チーム関係者)との情報も聞かれたが、三木谷浩史・球団会長が首を縦に振らない方針がアリアリ。
 「三木谷会長はヤリ手経営者だけあって費用対効果を気にします。また、これまでにも初代監督の田尾安志氏、ブラウン前監督の首を任期途中で切り、一、二軍のコーチを入れ換えてきました。星野監督がオフの補強に動けなかったのは、軍資金を出してもらえなかったからですよ」(球界関係者)