名刺の管理を効率化

写真拡大

三三(東京・千代田区)は、クラウド名刺管理サービス「Eight(エイト)」を2012年2月28日に開始した。サービス利用料は無料。

100%に近い精度でデータ化

クラウド上で名刺データを管理するサービスで、スマートフォンやPCなどから名刺データにいつでもアクセスできるというもの。スマートフォンで名刺を撮影すると画像が「Eight」のサーバーに送られ、データ化が行われる。データ化はOCR処理に加え、オペレーターの手作業で行われるため100%に近い精度だという。

会社名、氏名、電話番号、メールアドレス、のデータ化が可能で、データ化が完了すると操作画面からワンタッチで電話やメールができるようになる。また、登録したデータに「取引先」「友人」」などのタグを付けて、特定の名刺だけの表示や、タグでの名刺検索も行える。

Facebook、mixiの知り合いと名刺交換も

ほかにも、「Eight」のユーザーがお互いの名刺を取り込むと、サービス上で自動的に「リンク」し、名刺の内容が変更されると最新の情報に更新される機能も備えている。また、Facebookの友達、mixiのマイミク、Gmailの知り合いと名刺交換でき、メールアドレスを指定して、名刺交換のリクエストを直接送信することが可能だ。

当初はiPhone/iPad向けのアプリのみだが、今後Androidアプリもリリースする予定。