節水も2リットル入りペットボトル約1020本分

写真拡大

パナソニックは、人の入室や室温を感知して節電運転をする「エコナビ」と、便座とシャワーを使うとき瞬時に温める「W瞬間方式」において、便座温度の検知精度を向上したことで、業界ナンバー1の省エネ性能を実現した温水洗浄便座「ビューティ・トワレ」(DL-WEN60)を、2012年4月20日に発売する。

瞬間式便座において、年間消費電力量60kWh/年(73kWh/年)を実現。加えて、「節水機能」によって、洗浄時の水圧調整のために排出していた「逃がし水」を削減し、年間で2リットル入りペットボトル約1020本分の節水(水圧0.20MPaの場合)を実現した。

さらに、便器で発生する排便臭を脱臭する「お出迎えオート脱臭」機能、トイレの壁に蓄積する付着臭まで軽減する「ナノイー」を搭載した。

オープン価格。