ティンバーランドジャパン(東京・渋谷区)は、コンパクトに持ち運べるパッカブルタイプのボートシューズを2012年3月に発売した。

デッキや濡れた路面でも滑らないグリップ力

さまざまなアウトドアシーンにおいて、現地でリラックスして履ける「セカンドシューズ」として開発された「ラドラートレイルキャンプ」シリーズは、二つ折りにしたあと、サイドのジッパーを閉めることで簡単にパッキングできるシューズ。今シーズンから、ティンバーランド独自の「グリップスティック テクノロジー」を採用した、ボートシューズタイプの新作が登場だ。あらゆる方向からの水分を効率よく排出することができ、地面との接地部分を最大限に保つため、デッキ上や濡れた路面でもすぐれたグリップ力を発揮する。

パッキング時の全長は15cmでコンパクトに収まり、荷物にならないデザインなので、手軽にどこへでも持ち運べ、かばんの隙間に詰め込んだり、アクセサリー感覚で持ち運んだりできる。アッパーには撥水コーティングが施され、また、シューズ自体が通気性の良い構造のため足のムレも軽減し、快適に着用できる。

色はホワイト/レッドと、ネイビーの2色。価格は7350円。