ソフトバンクモバイルは、3Gネットワークで利用できる、魅力的なデータ通信プランとともに新しいiPadを、2012年3月16日に発売する。それに先立ち、2012年3月10日から全国のソフトバンクショップ・量販店で予約受け付けが始まっている。

世界中の高速データネットワークへの接続が可能に

第3世代のiPadは新たに、美しいRetinaディスプレー、Appleが新開発したクアッドコアグラフィックスを備えるA5X(エーファイブエックス)チップ、驚くような写真と1080p HD解像度の映像を撮るための先進の光学システムを備えた5メガピクセルのiSightカメラを特長としている。

また、驚くほど薄くて軽いままで、最長10時間のバッテリー駆動時間を実現し、世界対応のWi-Fi+4Gモデルは、旅行中などでも世界中の高速データネットワークへの接続が可能になる。

発売キャンペーンとして、「iPad Wi-Fi+4Gモデル」を購入する際に、基本使用料が通常5460円のところ4410円で利用でき、本体の実質負担額が16GBモデルの場合0円になる「iPad for everybody」や、ソフトバンク携帯電話を利用している人は、新しいiPad・iPad 2の基本使用料が2年間0円からになる「【新】iPad ゼロから定額キャンペーン」(基本使用料4410円の定額でずっと利用できる「ベーシックデータ定額プラン」も選択可能)がある。

両キャンペーンとも実施期間は、2012年3月16日〜2012年5月31日まで。

ソフトバンクモバイル 代表取締役社長 兼 CEOの孫正義氏は、

「ソフトバンクモバイルが日本で新しいiPadを提供できることをうれしく思います。お客さまが、より一層進化したiPadを楽しんでいただけるよう、魅力的なさまざまなプランを用意しました」

とコメントしている。