86 GT(オプション装着車)

写真拡大

TOYOTAは、「第42回東京モーターショー2011」にプロトタイプモデルとして出展した、小型FRスポーツ「86」を2012年4月6日に発売する。価格は199万円〜。86の発売にあわせ、クルマ好きが自然と集い、クルマの楽しさを語り合い、専門スタッフを中心にオーナーとともにスポーツカーカルチャーを地域に根付かせる専門ショップ「AREA 86」も開設する。

別次元の走りの楽しさを追求

「86」は、ドライバーの感覚ひとつでいかようにも取り回せる「手の内感」や、操る楽しさを体感できる、「直感ハンドリングFR」をコンセプトに、世界初の「水平対向・D-4S」パワーユニットをフロントミッドシップに搭載し、 世界唯一の水平対向エンジン・超低重心(重心高460mm)FRパッケージを採用することで、従来のスポーツカーとは別次元の走りの楽しさを追求した。

また、水平対向・D-4Sエンジンは、最高出力200馬力(PS)を発揮するとともに、空力性能にも優れたフォルムや軽量化(車両重量1190kg:「RC」)との相乗効果で、JC08モード走行燃費13.4km/Lを実現した。

グレード体系は、標準グレード「G」に加え、プロジェクター式ディスチャージヘッドランプ、17インチ専用アルミホイール、本革巻きステアリングホイール・シフトレバーノブ・パーキングブレーキレバーおよびスポーツアルミペダルなどを標準装備する上級グレード「GT」。「GT」の装備に、 本革×アルカンターラのシート表皮(運転席・助手席シートヒーター付き)、リヤスポイラーなどが加わった「GT『Limited』」や、レース競技などのベース車として最適なカスタマイズグレード「RC」がラインアップされている。

ボディーカラーは、サテンホワイトパール、スターリングシルバーメタリック、ダークグレーメタリック、クリスタルブラックシリカ、ライトニングレッド、オレンジメタリック、ギャラクシーブルーシリカの7種類で、インテリアカラーはブラックとレッドの2色設定。