「カードホルダー<NOViTA(ノビータ)(ミニタイプ)>」

写真拡大

コクヨS&Tは、収容量に応じて背幅が変わる「クリヤーブック<NOViTA(ノビータ)>」シリーズから、名刺やカードを収容できる「カードホルダー<NOViTA(ノビータ)>」を2012年3月15日に発売する。

中身に合わせて背幅が変わる

「ノビータ」は、収納する書類の厚さに応じて背幅部分がラウンド可変するクリアブックで、書類量が少ないときは薄く、多くなったときは中身に合わせて背幅が変わるというものだ。これにより、書類が丸まらず、表紙もピッタリ閉じてスマートな管理が可能になる。

今回発売する「カードホルダー<NOViTA(ノビータ)(ミニタイプ)>」は、「生活の中で増え続けるポイントカードやショップカード、名刺をすっきり整理、携帯したい」というユーザーの声に応えた商品で、必要なカードや名刺を探しやすいカードホルダーに「ノビータ」の背幅可変機構を採用した。コンパクトなサイズで持ち歩きやすく、本体にはゴムバンドがついている。収納可能枚数は60枚だが、1ポケットに4枚ずつ入れれば120枚入れられる。

他にも、600枚の名刺やカードが収容可能なオフィス用の「A4サイズ」、大量でもスッキリ整理できる「スリムタイプ」(180枚/360枚)も同時に販売する。

希望小売価格は、ミニタイプは367円、スリムタイプは525円〜787円、A4サイズは945円。