究極の栄養強化たまご 「ビィータ」パッケージ

写真拡大

アキタは、ビタミン全13種類のうち9種類のビタミンを強化した究極の栄養強化たまご「ビィータ」を、2012年3月10日に首都圏エリアで発売する。

濃厚かつ豊かな味わい

現代人の不規則な食生活の中で、充分に野菜を取ることができず、不足しがちなビタミンをバランスよく摂取してほしいという思いから生まれた究極の栄養強化たまごだ。富士山の標高約900メートルの自然豊かな農場で生産され、富士山の地下深層水と厳選された飼料原料、澄んだ空気で育った鳥のたまごは、黄身の色も鮮やかで濃厚、豊かな味わいになっている。

「ビィータ」を1個食べると、全13種類のうち9種類のビタミン(ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB12、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK、パントテン酸、ビオチン、葉酸)の1日で必要な量の約3分の1が摂取可能だ。これらのビタミンは卵の成分に保護されているので、加熱調理後でも失われるビタミンの量は非常に少なく、野菜などでビタミンを取るよりも損失が少ないだけでなく、卵に含まれるレシチンの効果により、サプリメントで取るよりも体にやさしく吸収される。

希望小売価格は、4個パック160円(税別)、6個230円(税別)、10個パック330円(税別)。