ふわふわの生クリームが雪のよう

写真拡大

東京・池袋駅の東口に広がる地下街、ISP池袋ショッピングパーク。その北の端に、北海道のアンテナショップがある。有楽町などに店舗がある「北海道どさんこプラザ」のISP店だ。

持ち運びしやすいサイズ

この店については、ネットなどの情報も少なく、まだ穴場的な存在のようだ。店員さんに話を聞くと、ISP店は昨年6月に期間限定でオープンし、期間を延長して営業を続けていたが、今春から常設店になることが決まったという。

店内には約360種類の北海道の特産品を置いているそうで、店頭ではソフトクリームの販売もしていた。全体の傾向は有楽町店に似ているが、広さの違いもあるのか、とくに冷蔵・冷凍品の数は少なめにも思える。ただ常設店への変更に合わせて、店内改装なども予定されているとのこと。今後ますます充実していきそうだ。

そんな同店で、今回は北海道の定番人気のスイーツ「ふらの雪どけチーズケーキ」(1200円、製造:菓子司 新谷)を購入してみた。冷凍状態で販売されていて、賞味期限は30日。解凍後は冷蔵で3日以内となっている。

ケーキは箱入りで、中はしっかりと固定されている。大きさも直径14センチほどなので、持ち運びしやすい。

完全解凍で食べてみたら……

説明書きによれば、半解凍で食べるのがおすすめとのこと。しかし時間的な都合で冷蔵庫に1日置き、ほぼ完全解凍で食べることになった。切り分けてみると、ベイクドチーズの上にたっぷりとのった生クリームが、屋根に積もった雪を思わせる。

一見重そうに見えるのだが、口の中ですっととける。さっぱりとした後口が、ベイクドチーズの風味に合い、しっとりと甘い底生地、さわやかなブルーベリー入り山ぶどうジャムもいいアクセントになっている。ちょうど「雪どけ」の季節のように、はなやかな味わいのチーズケーキであった。

商品名:ふらの雪どけチーズケーキ
製造:菓子司 新谷
サイズ: 直径約14センチ
価格:1200円(税込)