アクロカントサウルス・アトケンシスの骨格

写真拡大

世界3大恐竜博物館のひとつといわれる福井恐竜博物館は、「大恐竜展 in 丸の内 2012 〜福井県恐竜博物館コレクション〜」を丸ビル1階マルキューブと丸の内オアゾ1階OO広場で2012年3月21日〜29日に開催する。

大型獣脚類でティラノサウルスと並び肉食恐竜最大だという、全長約12mのアクロカントサウルス・アトケンシスの骨格が登場するほか、首都圏初公開となる福井県で発見されたフクイサウルスの動刻など、多数の恐竜が展示される。

また、期間中は毎日200人にオリジナルエコバックが当たるスタンプラリーを実施する。入場料は無料。