「ラ・とろり梅」

写真拡大

オエノングループの合同酒精(東京・中央区)は、「ラ・」シリーズから「ラ・とろり梅」を、2012年3月13日に全国発売する。希望小売価格は、840円(税抜き)。

香料・着色料無添加の本格的な味わい

「とろり」とした濃厚な梅の味わいにこだわり、梅果汁に加えて、完熟南高梅の果肉を使用した本格的な梅のリキュールで、梅そのものの自然な味わいを生かすために、香料・着色料無添加で仕上げた。

一般的な梅酒と同様にアルコール分を14%と高めに設定し、ストレート、ロック、ソーダ割りと、手軽にさまざまな飲み方で楽しめる。

パッケージには、フロストボトルを採用し、「ラ・」シリーズのテイストを踏襲しながら、特長である「とろり」とした味わいを、とろける梅のイラストで表現した。

「ラ・」シリーズはこのほか、トマト、ゆず、シークワーサー、ジンジャーの4品種目がある。