パソコンとマウスや外付けハードディスクをつなぐのにおなじみのUSB。USBメモリを持ち歩いているという人も多いだろう。そんなおなじみのUSBであるが、登場以来人々を困らせていたことがある。それは、あの四角い端子の上下が分かりにくいことだ。
しかし、もうみんなを迷わせない、上下どっち向きでも挿せるというUSBハブ「BSH4U17」、通称「どっちもハブ」という商品がバッファローコクヨからリリースされた。

「図表入りの記事はこちら」
ブログでも、
・USBの向き気にしないでいいなんて便利そう!!
・これでもう二度手間とはおさらばです
・よく見ないと裏表間違うんですよね。これ、欲しい!!
と、さっそく話題になっている。

やはり、USBのコネクタを上下間違えた経験のある人は多いようで、
・差し込んだら「ガツっ!」入らない・・・・。なんて経験皆さんありますよね
・あれ?入らない→裏返す→入らない→元に戻す→やっぱこっちかよ!てーのが何回かある
・おそらく誰もが一度ならず上下を間違えてイラッとしたことがあるはず
といった声が上がっている。
・USBケーブルって何故か1/2以上の確率で刺さらない気がする
なんてコメントに強くうなずく人もいるに違いない。

どちら向きでも挿せるというUSBハブのやっとでの登場に、
・こういうの好きなんだよなぁ
・USB1.0の仕様が策定されて約15年、ついに世界は解を得ましたよ〜
・これ発売されたら買いに行こう〜これでスッキリ安心です
という「待ってました」の声がある一方、
・便利だけど値段がネック
・チョット高いのと今さらUSB2.0では
・とはいえこれから3.0が主流になるならあまり意味がない
などという声も。

USB3.0も基本的には同じ端子なので、そのうちUSB3.0版も出ることだろう。そのときこそ、「どっちもハブ」が大ヒットするときかもしれない。

「U」 上向きか
「S」 下向きに挿すのか
「B」 別にどっちでもいいじゃない


ということを実現させたこの商品、どっちにしても要チェックだ。

(芦之由)

■その話題、ネゴトで話さない?「ネゴトーク」
メモリについて語ろう!

■「メモリ」を語るブログたち
メモリブログランキング

■関連記事
さようならVHS…、約35年の歴史に幕