(C) 創通、サンライズ

写真拡大

バンダイ、サンライズ、創通の3社により設立されたガンダムフロント東京有限責任事業組合(東京・台東区)は、「ダイバーシティ東京 プラザ」内7階にオープンする「ガンダムフロント東京」のチケットを、2012年3月1日から販売する。

「1/1」や「リアル」がコンセプト

「ガンダムフロント東京」は、「1/1」や「リアル」をコンセプトに、ガンダムを身近に体感できる有料(一部無料)施設で、ガンダム人気の高いアジアへの情報発信にも取り組んでいる。専用のガンダム映像や往年の名場面、新作フルCGのモビルスーツバトルが大迫力で楽しめる直径16メートルの巨大ドーム(DOME・G)や、あこがれのキャラクターと2ショット撮影ができるデジタルフォトスポット、ストライクフリーダムガンダムの1/1サイズの胸像など、リアルを体感しつつ楽しめるスポットが目白押し。また、ガンプラが一堂に会する「ガンプラTOKYO」や、制作資料が並ぶ「ミュージアムスペーズ」も充実しており、見て楽しむことも可能だ。

入場チケットは、日時指定の完全予約制

「ガンダムフロント東京」の入場料は、一般・大学生・高校生が1000円、小・中学生が800円となっている。入場チケットは日時指定の完全予約制で、翌々月分を、抽選先行予約と一般発売とに分けて販売。翌々月分のチケットを、毎月1日〜5日にチケットぴあ(WEB)で抽選先行予約し、15日からチケットぴあ(WEB/TEL)とセブンイレブンで一般販売を行う。なお、「ガンダムフロント東京」の窓口での販売は行わない。