「Ascend D」

写真拡大

ファーウェイ(華為)は、世界最速のクアッドコアCPUを搭載したスマートフォン「Ascend D quad」を2012年2月26日(スペイン現地時間)に発表した。

幅64mm、薄さ8.9mmのコンパクトサイズ

「Ascend D quad」は、ファーウェイ製クアッドコア1.2GHz/1.5GHzプロセッサー(K3V2)を搭載したほか、ファーウェイ独自のパワーマネジメントシステムにより、最大30%の省電力も実現した。

4.5インチの高解像度720pのディスプレイで、幅64mm、薄さ8.9mmのコンパクトサイズ。 バッテリーは1800mAhで、平均的な使い方で1〜2日程度の使用が可能だという。

また、「Ascend D」シリーズとして、「Ascend D quad XL」、「Ascend D1」も製品化する。「Ascend D quad XL」は、2500mAhバッテリーで2〜3日使用でき、「Ascend D quad」と主な機能は同じで10.9?の薄さだ。「Ascend D1」は 1.5 GHz デュアルコアCPU 、1670mAhバッテリーを搭載している。端末の日本投入の詳細については未定だ。