デジタルクリエイターの祭典「eAT KANAZAWA 2012」密着レポート【5】

写真拡大

石川県金沢市を舞台に、メディアアートとクリエイターの祭典「eAT KANAZAWA 2012」(以下、イート金沢)が1月27、28日に開催された。

本レポートでは同イベントの様子を数回にわたってレポートする。

セミナーB「アート」では、斬新な発想をカタチにするアーティスト3名が登壇した。

イート金沢でしか接点が見つけられないだろう顔ぶれという感じで、登壇者のこれまでの生き方を通して、経済的な豊かさだけではない、心の豊かさという観点から「アートと豊かなくらし」が語られていった。

また、前回のセミナーAで語られた”ソーシャル”や”シェア”に対して、アーティストの観点からの意見も出た。

モデレーターはイート金沢の実行委員長、東北新社専務取締役でありCMディレクターの中島信也(なかじま・しんや)氏。

ネットで検索すれば彼がこれまで演出を手がけてきたCMの数々がおわかりになるかと思う。

それこそ誰もが知っているCMばかりである。

セミナーは中島氏自身による自己紹介プレゼンテーションから始まった。

すっかりイート恒例となったこのプレゼン。

今回は約15分間、会場が爆笑の渦と化した。

中島氏のプレゼンは本当に面白くてテンポがいい。

CMとは人に見られ、なにかを感じてもらうものだが、見る側の気持ちが作る側になければ、いいCMとはいわれないし印象にも残らない。

これはプレゼンにも通じることだ。

見られているという視点がそこには常にある。

しかし、ここでその小気味いいプレゼンを文字にしても、残念ながらその良さをお伝えする自信が私にはないので、代わりに彼の最近のコメントムービーを紹介させていただく。

これも8分と長いのだが、なるほど彼がどんな人物かがご理解いただけるだろう。

続いてゲストの紹介だ。

まずは石川県出身でfood creationを主宰するフードアーティスト、諏訪綾子(すわ・あやこ)氏。

2008年に金沢21世紀美術館で初のエキシビジョン「食欲のデザイン展 感覚であじわう感情のテイスト」の開催をきっかけに、同コンセプトのパフォーマンスを実施し、色とアートの各領域から評価を得た。

以降、コンセプチュアルな色「コンセプトフード」というスタイルで、企業やブランドとのコラボレーションイベントやパフォーマンスを国内外で行っている。

喜怒哀楽という感情を食べ物として表現し、実際にそれを味わってもらう。

それは味覚や見た目だけでなく触感や鼻を抜ける匂い、口に入れた時の感触、咀嚼音など、食を人間が持つ感覚への刺激として表現するのがコンセプトだ。

と、これまたフードアーティストとは何かを文字に表すはとても難しいので、彼女が主宰する「food creation」のWebサイトにあるパフォーマンスビデオをご覧いただくのが手っ取り早い。

特に「The Secret restaurant for valveat 81 #01」が的確だ。

諏訪氏は金沢美術工芸大学卒業後、上京。

グラフィックデザインや広告を学んだものの、「それらが就きたい仕事ではないような気がした」という理由で、就職せずに数年間を過ごす。

この間、気になる仕事をいろいろ経験しながら、さまざまな場所を訪れていた。

あるとき、知り合いに頼まれたケーキ作りがきっかけで、唐突にこのフードアーティストとしての活動は始まる。

その後、食を自身の表現ツールとして扱う活動に取り組みはじめ現在に至る。

美味しいものを食べたい、お腹いっぱい食べたい、栄養を取りたいといった食べ物としての価値以外にも、食の価値は見いだせるのではないか? そんな活動を続けるアーティストは本人も「出会ったことがない」というほど、独創的である。

続いてのゲストは広告やCM、パッケージデザインを中心としたアートディレクターの秋山具義(あきやま・ぐぎ)氏。